「その他大勢」の仮想通貨?アルトコインの特徴や種類について紹介!

アルトコインの特徴は?

アルトコイン(altcoin)

 

最近、よく耳にするようになった仮想通貨の「アルトコイン」、気になっているけれど、実際、どんなものなのかよくわからない、という方も意外に多いのではないでしょうか。
 
アルトコインは正式には、「alternative coin(オルタナティブコイン)」といいます。
 
オルトコイン、と呼ぶ人もいるのはこのためで、どちらも同じものを指します。
 
「オルタナティブ」は、「代替手段」という意味がある単語です。
 
それでは、アルトコインは何の代替手段かといえば、それは、最もメジャーで仮想通貨の代名詞ともいえる、「ビットコイン」なのです。
 
つまり、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて、「アルトコイン」と呼んでいるのです。

アルトコインとビットコインは同じ?

アルトコイン(altcoin)とビットコイン(bitcoin)

 
例えば、仮にAさんが離れた場所にいるBさんにお金を送るのに一般的なのは、Aさんのa銀行の口座からBさんのb銀行の口座に送金する方法でしょう。
 
この時、実際に現金が、a銀行からb銀行に動いているわけではありません。
 
a銀行ではAさんの口座から1万円を引いて、データをb銀行に送り、b銀行ではBさんの口座に1万円を増やす、というやりとりを行います。
 
このやりとりをドルや日本円ではなく、ビットコインという単位に替えてインターネットで行うのがビットコインの仕組みです。
 
ビットコインの決済手段のプログラムはオープンソースとして公開されているので、実は誰でもプログラムを調べて、インストールすることが可能になっています。
 
通常、金融機関ではそういったプログラムは、外部から操作されないようにトップシークレットになっていることを考えれば、ビットコインがいかに常識から外れているかよくわかるでしょう。
 
ビットコインのソフトウェアは、この誰でも見ることができる、参加できることを利用して、参加者全員で不正がないかチェックしているところがユニークなのです。
 
全世界で行われているビットコインを使ったすべての決済を、ある期間で区切り、ひとまとめにして自動的に暗号化します。
 
その暗号を解いた人(マイナー:採掘者)が報酬として新たなビットコインを報酬として受け取ることができる仕組みになっています。

このことをマイニングと呼びます。
 
 
ビットコインがメジャーになって、価値が高騰していく中で、「これなら自分で立ち上げた方が儲かる」、「ビットコインよりも特定の目的にあった決済手段が欲しい」、という流れから新たな仮想通貨がどんどん生まれていった、というのがアルトコイン誕生の背景です。

アルトコインはこんなに種類がある

アルトコイン(altcoin)の種類

それでは、現在、アルトコインは世界で何種類発行されているのでしょうか。
 
一つの目安として、CryptoCurrency Market Capitalizationsという仮想通貨の時価総額ランキングなどを発表しているサイトがありますが、ここに登録されている仮想通貨だけでも1,000種類を超えています。
 
もっとも、いくら新たな仮想通貨を開発しても、流通しなければ意味がないので、このサイトに登録されている仮想通貨も日々入れ替わりが激しく、正確な数の把握はなかなか困難です。
 
CryptoCurrency Market Capitalizationsで時価総額ランキングを見ると、1位のビットコインを除いたベストテンは次のようになっています。
※21017年10月16日現在
Ethereum
Ripple
・Bitcoin Cash
Litecoin
Dash
NEM
・Monero
・BitConnect
・NEO
・IOTA
 
これらの時価総額はおおむね100億ドル以上となっており、市場からある程度信用もあって、一定の流通量も確保されていると考えられます。
 
ちなみにこのランキングの下位層(900位以下)には時価総額も不明や0に近いものもごろごろしています。
 
もちろん、この中から第二のビットコインとしてブレイクするものもあるかもしれませんが、ビットコインの単なるコピーのようなものや、詐欺まがいのものまで含まれている可能性もあるので、注意が必要です。

アルトコインはどこで購入できる?

アルトコイン(altcoin) 取引所

アルトコインを購入するには、まず仮想通貨取引所で口座を開設することが必要になります。
 
仮想通貨はインターネット上の取引で、国境が存在しないのですが、日本語で利用可能な点やユーザーインターフェースの使いやすさを考えれば、手軽に始められるのは日本の取引場でしょう。
 
ただし、日本の仮想通貨取引所も以前に比べて数は増えてきましたが、ビットコインが主流で、アルトコインについては取り扱っていなかったり、取引できるアルトコインの種類が少なかったりするのがネックです。
 
もし気になるアルトコインが日本の取引所では取り扱いがない場合には、海外の取引所で日本語対応を行っているサイトも増えてきたので、そちらを利用するのも手ですね。

取引所と販売所の違いは?

仮想通貨取引所

取引所のサイトなどを見ていると、購入方法に「取引所」と「販売所」の二つがあることに気が付きます。
 
この二つですが、「取引所購入」は直接取引、「販売所購入」は間接取引という違いがあります。
 
「取引所購入」は、仮想通貨を売りたい、という人と、買いたい、という人を仲介する購入方法です。
 
一方の「販売所購入」は、取引所が所有している仮想通貨を、購入したいユーザーに販売するものです。
 
手数料の安さでは、「取引所購入」の方が一般的には割安な設定になっていますが、売り手と買い手両方がセットにならないと購入できないという点がネックです。
 
「販売所購入」では、気に入った仮想通貨があれば即、購入できるスピーディさが魅力ですが、手数料は割高になります。
 
いずれもメリット、デメリットが存在するので、購入の際にはよく確認しておくことが大事ですね。

取引所を選ぶポイントは?

仮想通貨取引所を選ぶポイント

一見、同じように見える取引場ですが、アルトコインを購入する際には次の4つのポイントを比較して選ぶことが大事です。

手数料

手数料

手数料は0.5%から5%程度とかなり幅があるようです。
 
もし1万円分、アルトコインを購入したら、片方は50円で済むところを500円かかってしまうこということになってしまいます。
 
取引をひんぱんに行う方なら、年間でみればかなり大きな差額になる可能性があるので、特に気を付けてチェックしておきましょう。

安全性

仮想通貨取引所の安全性

資産運用を行うので、安全性は最低限保証されている必要があります。
かつて、ビットコイン最大の取引所だったマウントゴックス社が突然取引を停止し、取り扱っていた資産が消失する、という事件も発生しました。
 
これは詐欺まがいの悪質な例でしたが、万一の際、どれぐらい保障が受けられるかはチェックしておきましょう。

銘柄の豊富さ

アルトコイン(altcoin)の種類

アルトコインでも、ビットコインに続くEthereumやRippleといったメジャーどころであれば取り扱う取引場も増えてきましたが、ちょっとマイナーな銘柄では取り扱っていないところも多いです。
 
予定も含めて、自分が購入したいと考えている銘柄の取り扱いの有無も合わせて考えていきましょう。

取扱量

仮想通貨の取引量

取引上は売り手と買い手の仲介を行うので、取り扱っている仮想通貨の量が少なかったのでは取引自体が成立しません。
 
ビットコインは取扱量が増えているので、さほど差はなくなっていきているようですが、アルトコインについてはまだまだ取引場の数もビットコインに比べて少ないので、口座は開いたけれど、取引できなかったということもあり得ます。
 
取引所にも様々な特徴があることから、1か所だけではなく、複数の取引所を使ってリスクを分散するのも有効でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
ビットコインが投資手段として認知度が高まってきた現在、アルトコインにも注目が集まっています。
 
アルトコインはビットコインに比べて、まだまだ発展途上で、様々な種類のアルトコインが生まれては消えている様態です。
 
また、その特徴も銘柄によって多様性があるので、これからの動向も注目していきたいですね。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です