ビットコインとは何か?その仕組みは?

いまや、ビットコインという言葉を聞いたことがない人は少ないのではないかと思います。

ビットコインとは何か?要約すれば「仮想通貨」になります。「仮想」の「通貨」、つまりバーチャルコイン、通常のコインとは異なり、実際の個体がない数値のみで表される通貨ということです。

なにより、「通貨」というくらいですし、「コイン」ということであれば分かるとおり、ビットコインはマネー、つまりお金ということです。

MichaelWuensch / Pixabay

ビットコインは、通常の円やドルといったような「お金」だということがおわかりになると思います。
よく画像などで見かける「B」と大きく書かれたあのようなコインは実際には存在しないイメージ上のコインです。

インターネット上の通貨ということは知られていると思いますが、具体的な仕組みやどのように流通しているかはご存じない人が多いと思います。

要するにビットコインとは、物体としてのその形を持たない「仮想」の「通貨」であるということです。お金である以上はもちろん円やドルのように通貨としての単位や数値、その価値を示す基準などもあります。

それがビットコインの場合は単位で示されており、その単位は、BTC(ビーティーシー) となっています。
例えば、1円、1ドルといったように、1BTC(1ビットコイン)と数値で数えることでその量を表すのです。

ですが、先にも述べましたように、あくまで「仮想」ですから、その個体としての実態がありません。
そこは通常の円やドルとは違って実際にその物体を見たり触ったりすることはできないのも特徴です。

ビットコインとは?

昔から人々は価値の交換手段として珍しい貝殻や貴金属など、様々なものを用いてきました。

今では国や金融機関が発行する法定通貨が一般的に流通しています。それらの価値の交換手段のうちで最も新しいものがビットコインを代表とする「仮想通貨」です。

ビットコインといっても、実際にコインがあるわけではありません。インターネット上のデータの塊です。

そして、発行主体が存在しません。そのようなものが、なぜ価値を持つことができるのでしょうか

発行主体がある通貨は、その価値を発行主体が保証しています。

ビットコインの価値はその仕組みに対する信用が支えています。

geralt / Pixabay

ビットコインのやり取りは、特定のサーバーなどを介さないピア・ツー・ピアという仕組みで行われます。

このやり取り(トランザクション)には公開鍵暗号が使われ、正当なトランザクションであることが保証されます。

ビットコインの取引履歴は存在しており、その履歴はハッシュ暗号という技術で改ざん不能になっています。

ブロックチェーンと言われる取引台帳はインターネット上の巨大な分散型データベースとなっており、誰でも閲覧することができます。

不正な取引は破棄され、ブロックチェーンには記録されません

公平であり安全であるということがビットコインの価値を担保しているのです。

そして発行高は2,100万BTC(ビットコインの単位)とプログラミングされています。有限な資産という点では金に近い性質をもっています。

始まりは2008年

2008年10月31日、サトシ・ナカモトと名乗る人物が「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文を発表しました。

ネット上のプログラマーたちがこの論文を元に開発を進め、2ヶ月後の1月3日には最初のビットコインが生み出されました。

1月9日にはビットコインネットワークが稼働し、有志によるオープンソースプロジェクトとして運営が始まりました。

当初は論文通りに電子マネーシステムが機能するのかを実証するためのゲームという色合いの濃いものでした。

最初の実店舗での取引はピザ2枚(約25ドル)と1万BTCの交換でした。

その後、ビットコインの知名度が上がるにつれBTCでの支払いに応じるサーピスも増えてきました。

いよいよ通貨としての役割を持ち始めたのです。

また、ビットコインは通貨ですからドルや日本円といった法定通貨との交換も可能です。

このため、投資としてビットコインを購入する人も増えました

 

ビットコインの安定性

ビットコインのメリットとしては海外送金が簡単銀行やクレジットカードに比べて手数料が安い発行主体がないため口座の凍結や経済の影響を受けにくいという点があげられます。

反面、盗難や詐欺に対する保証がない決済できる店がまだまだ少ないというデメリットもあります。

または発行ビットコインに上限が定められているのでインフレ懸念は低いという性質をもっています。

最大の特長は、抜群の安定性です。

2009年以来、サイバー攻撃を受けてもビットコインシステムは停止したことがありません。

こうした実績もビットコインの価値を支える信用につながっています。

 

今の世の中は急速にお金に対する概念に変化が起きていると言えます。
たとえば、電子マネーも仮想通貨と同じようなものですし、銀行においてもネットバンクで確認する際は数値のみで確認しているはずです。

今後のITのさらなる発展と共に次第に実際のコインは社会から姿を消していくのではないかと言われているようです。仮想通貨ビットコインはそういう意味でも最先端の通貨システムということが言えるかもしれませんね。

2018年現在、まだまだこれからの発展途上の状態になりますが、円やドル以上に使い勝手がよく、安定した形で今後、グローバルに世界中で活用できる次なる世代の通貨となることを志して開発されたのがこの仮想通貨というものになります。

バーチャルの通貨ですから紙幣や硬貨などの個体はもちろんありませんが、その代りPCやスマホを財布代わりにしてショッピングや投資などがいつでも何処でも簡単にできるように設定されてあります。

例えば、最近何かと話題として取り上げられるスマホアプリのソーシャルゲームや特定の ウェブサイトでのみ利用できるバーチャルコインなどは、それらを運営する企業の元でそれぞれ開発利用されていて、そういったユーザーを集めることによって、そのバーチャルコインの運営元が収益をあげることを前提としています。

それに比較して、仮想通貨であるビットコインは、各国毎に管理されている円やドルなど変わりなく、経済社会における国民の活動をスムーズに推進することを目的に開発されたシステムだと言えます。

仮想通貨、ビットコインは、今ではグローバルな日常スタイルの中で誰もが通常のお金のような感覚で快適に利用できるようになることを目的に考えられています。

ビットコインの保管先は?銀行のような口座はあるの?

財布 ウォレット

stevepb / Pixabay

仮想通貨ビットコインにはウォレット(財布)という銀行の口座アカウントのような感覚の概念が存在します。このウォレットを開設して自分専用のウォレットを持つことによってビットコインを取引することが可能になります。

ハードウェアウォレットで仮想通貨を守ろう!安全な管理を求める人は必見です!

2018.02.17

ビットコイン始めたい人必見!あなたが作るべきおすすめのウォレットとは?

2018.02.14

ビットコインを使用する人は自分専用のウォレットを持ち、そこにビットコインを保管し、決済に使います。言ってみれば、ビットコインを利用したい人はみんな、それぞれの専用ウォレットを開設することが必要です。

それは例えば、ウォレットをわかりやすく説明すると個人のメールアドレスに似ているかもしれません。
正確に言うと、長い文字列によって割り振られたウォレット ID というものがそれぞれに発行されます。

ただ、そのままの状態では記憶しづらいため、利用するたびに面倒になります。そういった理由から通常は ID を短縮コードを使ったりスマホで認識できる QR コードなどが使われています。

ビットコインはこれらの解決法を開発したことがきっかけで、ここ数年にかけてかなり拡大した様子をみせています。
その1つの巨大な取引台帳を規定の機関が支配していたら、従来の通貨と同じようなものです。 ですが、これらの常識をくつがえすような斬新な考え方とその仕組み、それがビットコインの最も大きな特徴となります。

このビジュアル化されたデータによって、通貨のダミーや二重払いなどを防ぐということが可能になります。 そのような安定しない通貨は流通しないでしょうし、誰もがベネフィットを見い出しません。

スタンダードに考えてみれば誰もマネジメントしていない通貨など、危険性のかたまりに過ぎません。 ビットコインでなされたあらゆるトレード記録を記した、1つの巨大なデータベースがあると考えてみてください。

ビットコインは、中央銀行が一切介入しない、また監視しないその代わり、コンピューターのネットワークを通じて通貨を統制するシステムとなっているのです。
取引の整合性を担うために必要な1つの巨大なデータベースにもかかわらず、そのデータが万が一うまく保存されずにダウンした場合、その取引記録に大きな障害を生じさせてしまうことになります。

ビットコインは、特定の組織の基にということはなく、最適化されたコンピューターのネットワーク上にその1つの巨大な取引台帳を置く配置することで、メイン管理を必要としないシステムとも言えます。

第三者が強制的に通貨を大量発行してそれらの通貨によってもしその第三者が億万長者になることができてしまったら、当然ながらその通貨の信用は一瞬で無くなります。
ビットコインにおいてのこれまでになかった通貨の供給や、取引についての詳細情報は、それらの全部がコンピューターネットワーク上に均等化されて、保管されるシステムだと言えます。

ビットコインでは、発行を制する企業や流通をコントロールする組織を持ち合わせていないというわけです。円やドルに当てはまるような通貨にもかかわらず、いずれの国家も、会社組織も、ビットコインの発行・流通には参入しておりません。

すべてのデータベースはなくなりませんが、そのデータベースにプライベート情報は取り込まれません。ビットコインはどんな人がマネージメントしているのか、それは国々や会社組織がコントロールしていない通貨と申し上げましたが、それではそもそも誰がビットコインを発行し、流通をコントロールしていると言えるのでしょうか。

ビットコインは、その他の通貨に比べるとどこが圧倒的に全く異なると言えるのでしょうか。データは基本的に、ビットコインの流通の整合性を約束することを考慮して存在しています。 円やドルとの大切な違いは簡単に説明すると円やドルと完璧に変わらない通貨だとしたら、あえて新たな通貨を構築する必要はないはず。ビットコインは、各国や組織が展開している仮想通貨ではないのです。

そんな仮想通貨の運営会社の中でも国内でもっとも安心して使えるのは会社の規模から言ってもビットフライヤーなのではないでしょうか。 ビットコインに関心を持っている人は、是非一度、同社のオフィシャルサイトを確認してみてください。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です