ビットフライヤーの登録方法と退会方法の手順を解説

bitFlyer

bitFlyerの持つ特徴

A37ba6f1 a65c 42ad 9389 a88ac1cbc256

bitFlyerってなに?

bitFlyerとは、仮想通貨を扱う有名な取引所です。
ニュースなどで話題のビットコインもこちらのbitFlyerで売り買いができるため、名前だけは聞いたことがある人もいるでしょう。
日本で初の取引所でもあり、設立は2014年。
現在2017年には、すでに国内の仮想通貨取引所の最大手となっています。

 

会社概要

会社名 株式会社bitFlyer
設立 2014年1月9日
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
事業内容 仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
代表取締役 加納裕三
取締役 CTO 小宮山峰史
本社所在地 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F

他の取引所とどうちがうの?

bitFlyerが持つ1番の特徴は、資金力による安定性です。
多くの企業から出資を受けているため、突然の廃業といったリスクが少なく、安心して仮想通貨を売買することができます。
ユーザーへのサービスや手数料の安さにも定評があり、率先してbitFlyerを利用する人も多いです。
セキュリティにも力を入れているので、安全面でも他の取引所とは一線を画すことでしょう。
まだ設立から3年なので、今後の成長にも期待できるのも魅力です。

どんな通貨を扱ってる?

2018年現在、bitFlyerが取り扱っている仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナーコイン
  • リスク

なかでもビットコインの取引量は非常に多く、2016年の上半期には日本一の成果を生み出しています。
豊富なユーザー数と取引量のおかげで、新規参入しやすいのがポイント。
基本的な仮想通貨がそろっているので、bitFlyerは初心者にもおすすめしやすい取引所だといえるでしょう。

盗難補償保険が適応されている!

bitFlyerは業界内ではじめて、不正な取引による損害を補償する盗難保険を開始しました。
日本円による資産が何者かの手によって出金されても、上限となる金額までは補償してくれるこちらのサービス。
もしものときの防波堤が整えられているので、仮想通貨に参加しやすい環境が出来上がっています。
大きなお金を預けるのが不安な人でも、bitFlyerならはじめやすく感じることでしょう。

bitFlyerの評判は良い?悪い?

19afdc80 d3e0 49c7 9631 b6d8014c1dee

新規参入しやすい

bitFlyerは、新規参入へのサービスに積極的であるといわれています。
アカウント開設でポイントが手に入ったり、ログインするとビットコインがもらえたりといったキャンペーンが頻繁に行われているからでしょう。
そのため仮想通貨に興味があるけれどきっかけがないユーザーには、とても評判の良いものとなっているのです。
とりあえずログインして市場の様子を見るだけでも意味があるため、経験の浅い初心者にはぴったりの取引所であるといえますね。

初心者でもわかりやすい画面

bitFlyerの取引画面には、初心者でもわかりやすいインターフェースを採用しています。
それぞれのメニューや資産情報をぱっと見るだけで判別できるので、すぐに取引に慣れることができるでしょう。
取引履歴を確認したい、ビットコインを使って買いものをしたい、そういった作業を思ったときにストレスなく行えることが、bitFlyerの評判を高めているのです。

ビットコインが日常的に使いやすい

ビットコインの使いやすさも、bitFlyerを利用する大きなメリットです。
自分の持っているビットコインを通販に使用するシステムが出来上がっているため、管理画面から簡単に買いものを行うことができます。
他にもamazonギフト券やnanacoギフト券にも交換できるため、bitFlyerを利用すればビットコインを腐らせることはほとんどなくなるでしょう。
仮想通貨の取引だけでなく、その先にある日常にも気を使っているところが、結果的に評判の良さを呼んでいます。

全体的に高評価

上記のような理由に合わせて、やはり安心して利用できる環境が、bitFlyerの評判を上昇させています。
特に初心者は使いやすさ重視の取引所を選ぶべきなので、bitFlyerは理にかなったものとなるでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の評判と最新情報まとめ

2018.03.23

さまざまなサービスを展開しているビットフライヤーですが、入会しなければ何も始まりません。

ここでは入会方法と退会方法について説明します。

 

bitFlyerでの口座開設方法

Ab0346c3 709b 4c17 9afb 9eebff1ef487

まずはアカウント作成

bitFlyerで口座を開設するには、何よりもまずアカウントが必要です。
アカウントの開設だけなら「メールアドレス」があればOKなので、とりあえず興味のある人は登録をしてみましょう。
また、Facebook・Yahoo・googleアカウントからも開設は可能です。
使用するアドレスを決めたら「パスワード」を設定し、bitFlyerから送られてくる「キーワード」を入力します。
その後は「規約確認」をチェックして、「bitFlyerをはじめる」をクリック。
以上でアカウント開設は完了です。

仮想通貨の取引をするなら本人情報を登録

実際に仮想通貨を運用したいのなら、アカウント開設後に「本人情報」を登録する必要があります。
名前や住所といった情報を入力してから、「本人確認書類」を提出しましょう。
「本人確認書類」として利用できるのは、運転免許証・保険証・年金手帳・パスポートなど、個人を確認できるものに限られます。
書類を選んだらスマホのカメラで撮影し、アップロードを行いましょう。
提出後、早ければ数時間でbitFlyerからメールが届きます。
先に入力した情報に誤りがなければ無事本人として承認され、仮想通貨の売買ができる「トレードクラス」となれるでしょう。

銀行情報の登録

最後に仮想通貨の取引を行うための「銀行情報」を登録しましょう。
ホーム画面の「設定」から「bitFlyerアカウントご登録内容」に飛び、「銀行口座情報を追加する」を選びます。
もしくは「入出金」をクリックして表示される画面から、「銀行口座情報を追加する」を選んでもOKです。
登録画面にたどり着けたら、口座情報と名義を入力して確認を押しましょう。
提携している銀行を持っている場合、「クイック入金」を利用することも可能です。
銀行情報を入力し終われば、bitFlyerで仮想通貨の取引を行う準備は完了します。
必要な額を入金すれば、すぐにでも取引をはじめることができますよ。

入会方法

PourquoiPas / Pixabay

 

ビットフライヤーのホームページへいくと、アカウント作成というメニューが直ぐに目に入ります。ビットフライヤーでは「メールアドレス」「フェイスブックアカウント」「Yahoo! ID」「Googleアカウント」のいずれかで登録可能です。

メールアドレスでの登録を例にとって説明します。

1.フォームにメールアドレスを記入し「アカウント作成」ボタンを押します。

2.登録アドレスに確認メールが届きます。メールには「登録確認用リンク」「初回ログイン用キーワード」「登録メールアドレスの確認」「初回ログイン用パスワード」が記入されています。

3.リンクをクリックするとブラウザでビットフライヤーのページが開き、ログインが完了します。

4.初期画面にはビットフライヤーの「利用規約とプライバシーポリシーへの同意」「ビットコイン取引におけるリスク」「米国居住者でないことの確認」のチェックボックスがありますので、同意・確認の上チェックを入れていきます。すべてにチェックを入れると「bitFlyerをはじめる」ボタンがクリック可能になります。

5.「はじめる」ボタンをクリックすると「bitFlyer FX」の案内画面がポップアップしますが、すぐに始める意思のない方は「×」印をクリックして閉じて構いません。

これでビットフライヤーへの入会は完了です。

 

SNSでの登録は画面の指示に従ってアカウントの連携を行います。フェイスブックだと、アカウントクラスを変更する際に携帯電話登録が必要ないので便利かもしれません。

セキュリティを確保するため、アカウント情報ページから「2段階認証」の設定は必ずしておきましょう。

>>ビットフライヤーの公式サイトでもっと詳しく見てみる

 

アカウントクラスを変更する

FirmBee / Pixabay

ビットフライヤーでは本人確認の種類などによって6種類のアカウントクラスがあります。それぞれ受けられるサービスや、取引可能金額などが異なります。

入会したばかりの時は「スタンバイクラス」に指定され、ビットコインの預入・送金しかできません。それなりに利用しようとすると「プレミアムエコノミー」ぐらいにはなっておきたいところです。

このクラスだとFX以外のサービスを利用でき、日額5万円・月額25万円まで取引することができます

プレミアムエコノミーになるには「携帯電話認証またはフェイスブック連携」「本人情報登録」「銀行口座の登録」が必要です。

ホーム画面のアカウント情報の下に各種認証状況が表示されています。認証済みの項目は緑、未認証の赤で表示されています。

まず、携帯電話認証またはフェイスブック連携からおこないます。携帯電話番号認証ボタンを押すと携帯電話番号の入力フォームが現れ、登録するとSMSで登録コードが送られてきます。

これが完了すると携帯電話認証が緑に変わり、本人情報登録ができるようになります。順を追って銀行口座の登録まで済んだら、アカウントクラスのアップデートで「エコノミー」か「プレミアムエコノミー」が選択できるようになっています。

注意したいのは、本人情報など間違いないようにしてください。後で変更しようとしてもオンラインではできません。

電話でオペレーターに伝えて変更してもらう手間がかかってしまいます。セキュリティ上は安心なのですが…。

 

ビットフライヤーを退会する

 

geralt / Pixabay

ビットフライヤーから退会したくなった場合の手続きも格別難しいことはありません。

ホーム画面から「各種お問い合わせ・FAQ」画面に移ります。一番下に「お問い合わせフォーム」がありますので、フォームを開きます。

お問い合わせ内容がプルダウンメニューになっていますので、その中から「アカウント解約」を選択します。

メッセージ記入欄に解約希望と入力して「問い合わせる」ボタンを押して送信するだけです。

 

bitFlyerで仮想通貨を売買する方法

09004886 6131 45e2 bb62 54839f57e09b

ビットコイン販売所から売買

bitFlyerの特徴である手軽さを活かすのなら、「ビットコイン販売所」からの購入がおすすめです。
購入価格と売却価格が大きく表示されている画面から、数量を選択するだけでOK。
実際の時価レートとは多少ちがいますが、すぐにでも購入したい場合には便利な購入方法となります。
安全な取引でもあるので、初心者に向いている売買方法です。

ビットコイン取引所から売買

「ビットコイン取引所」では、自分と同じように仮想通貨のやりとりを行いたい個人との取引ができます。
値段は上下しますし、相手との合意が得られなければ取引は成立しません。
ある程度仮想通貨の取引に慣れた、中級者以上におすすめできる売買方法だといえるでしょう。

bitFlyer Lightningで売買

本格的なトレードを行いたいのなら、「bitFlyer Lightning」も候補に挙がります。
仮想通貨のチャートが出来高と合わせて表示されたり、レバレッジ(実際に持っているお金よりも多くの金額をかけること)をかけて取引をしたりできるので、売買に精通した上級者向けの方法です。
ビットコインだけでなく、FXやイーサリアムの現物取引が可能なのもポイント。

それぞれの手数料

bitFlyerでは、アカウント作成や維持に手数料がかかることはありません。
しかし売買には、それぞれの方法によって以下の手数料が発生しています。

・ビットコイン販売所
⇒2017年11月現在は無料(終了の2週間前に告知)

・ビットコイン取引所
⇒0.01% ~ 0.15%

・bitFlyer Lightning
⇒0.01% ~ 0.15%

上記の他にも、別途銀行振込手数料やクイック入金手数料がかかります。
売買に慣れないうちは、手数料の面でもお得なビットコイン販売所がいいでしょう。

まとめ

bitFlyerには、仮想通貨を取引するための環境がしっかりと整っています。
ちょっとだけ興味がある人も、本格的なやりとりに身を投じてみたい人も、ぜひ1度bitFlyerでの取引を体験してみてください。
仮想通貨の持つ魅力が、とてもわかりやすく感じることでしょう。

>>ビットフライヤーの公式サイトでもっと詳しく見てみる




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です