仮想通貨のボラリティとは?言葉の意味やメリット・デメリットについて考察!

仮想通貨の取引を行っている人は、「ボラリティ」といった言葉に聞き覚えがあるのではないでしょうか。
なぜ仮想通貨がこれほどまでに浸透し、世間をにぎわすことになったのか。

このボラリティの意味を紐解いていくことで、その理由が少しずつわかるようになるでしょう。
仮想通貨のボラリティに関する知識は、実際に売買を行うときにも役立ちます。

これから仮想通貨を利用したいと思っている人も、ぜひこの機にボラリティについて学んでおくといいでしょう。

ボラリティとは

19afdc80 d3e0 49c7 9631 b6d8014c1dee

言葉の意味について

ボラリティとは、価格の変動率を表す言葉です。
価格が短時間で変わるほどボラリティは高くなり、逆に価格がなかなか変わらないものはボラリティが低いと表現されます。

株価やFX、そしてビットコインなどの仮想通貨を取扱う際に使われる用語で、売買を行う人には馴染みがあるかもしれません。
ボラリティはリスクや売買タイミングの参考とされる大切な指標であり、仮想通貨の大きな特徴にもなっています。

仮想通貨取引に挑戦するのなら、ぜひボラリティの意味は把握しておきましょう。

仮想通貨はボラリティの高さが魅力

仮想通貨のボラリティは、基本的に高いものが多くなっています。
ビットコインの価格高騰をよくニュースで見かけるのも、ボラリティの高さの証明であるといえるでしょう。

株やFXと比べても圧倒的な高さを誇るため、多くの投資家たちが仮想通貨に注目したのも無理はありません。
現在もボラリティの高さは健在なので、投資対象としての価値はまだまだ続いていくことが予想されます。

ボラリティとリクイディティ

ボラリティと似た言葉で、リクイディティといったものがあります。
これは市場の流動性を意味し、取引の注文数やユーザー数を表すことにつながる言葉です。

仮想通貨においては主に取引所を評価する際に使われ、ボラリティと同じように高いことにメリットがあるとされています。
リクイディティが高いと仮想通貨を売り買いする機会に困ることがなくなり、取引したいときに自由な売買が行えるでしょう。
ボラリティと合わせて、リクイディティの値にも注目しておくことが、仮想通貨で得をするポイントになるかもしれませんよ。

ボラリティが高いことによるメリット

Bfe6ef4a 4166 42f7 98c4 e22889ae21e5

大きな利益が狙える

ボラリティが高い通貨は、大きな値上げを頻繁に起こしやすく、利益を得るチャンスが自然と多くなるのが特徴です。
時期を見て先行投資しておけば、高いボラリティによる収益を上げることができるでしょう。
特に仮想通貨は、わずか数時間のうちに価格帯をがらりと変えてしまうこともめずらしくはありません。
そういった期待値がボラリティの高さにつながっているので、今や多くの人にとって魅力的な投資対象となっているのです。

短期間の売買が可能

ボラリティが高い仮想通貨は、短期間での売買に向いているとされています。
わずかな期間で価格が上下するため、投資した金額をすぐ利益にすることもむずかしくはありません。
もちろんある程度保有して寝かせる期間も必要となる場合はありますが、ボラリティの高さは十分短期売買への期待感となるでしょう。
すぐに結果がほしいとき、投資初心者がそのおもしろさを知りたいとき、そんなときは仮想通貨のボラリティが魅力となりますね。

レバレッジ取引をしなくても利益が高くなる?

レバレッジとは、預け入れた証拠金の数倍から数十倍の金額を運用できるようになるシステムのことです。
少額の投資でも大きな利益を狙うことができるため、FXや株ではよく利用されています。
しかしレバレッジにはリスクもあり、追証によって大きなマイナスを被る可能性も否定できません。
一方でボラリティの高い仮想通貨なら、大きなレバレッジかけずとも利益を高めることが可能となっています。
手間やリスクをなるべく排除したい場合も、ボラリティの高さがメリットとなるかもしれませんね。

ボラリティの高さはデメリットでもある?

Ad23146a 7a92 4a86 876c 4e809bd4637e

ハイリスクハイリターン

上記でも説明した通り、ボラリティとは価格の変動率を表す言葉です。
変動率は価格上昇の高さに影響しますが、同時に価格が下落する際にもその幅を大きくしてしまいます。
購入タイミングを見誤ると、価格の下落による損失を被ることもあるでしょう。
そのためボラリティの高さはハイリスクハイリターンとなり、人によってはデメリットに感じてしまうのです。
安定志向で投資を行いたい場合は、ビットコインなどのボラリティが高い仮想通貨ではなく、なるべく価格変動の少ない通貨を探すといいでしょう。

仮想通貨はまだ予想がむずかしい?

これまでのチャートや過去の経験によって市場の先が予想しやすければ、ボラリティの高さはメリットとなります。
しかし仮想通貨はまだ今の市場規模になってから日が浅く、値動きを予測するのは困難です。
そのため高いボラリティによって荒れやすい市場は、まだリスクが高すぎると判断する人も多くなっています。
今後仮想通貨の値動きに関するデータが集まり、チャートが過去の実績によってパターン化されていけば、ある程度予想がしやすくなることは考えられるでしょう。
本格的な投資を行うには、そういった地盤が築かれてからでも遅くないといった意見もあることは覚えておいてください。

ギャンブル的な要素はデメリットか?

ボラリティの高さとは、乱暴な言い方をすれば「ギャンブル性が高い」といった意味になります。
いつどうなるか誰にもわからないけど、当たれば一気に価格が上昇する。
そのため初心者でも、思わぬタイミングで利益を獲得することができるのです。
そういったギャンブル性こそが仮想通貨をここまでメジャーな通貨にし、現在も多くの新規ユーザーを取り入れている理由だといわれています。
しかしこのギャンブル性の高さこそ、仮想通貨のデメリットであると考える人も当然たくさんいるのです。
仮想通貨に投資を行う際には、ボラリティの高さとギャンブル性については、じっくりと考えておく必要があるかもしれませんね。

今後もボラリティは高いままなの?

4ea70c01 061a 4036 9e22 3c08901b19fa

通貨として浸透していくにはボラリティは課題の1つ

現在の法定通貨に置き換わるような働きを仮想通貨に求める声は、今でもたくさん聞かれます。
もし仮に仮想通貨を国境を越えた新しい通貨として浸透させるなら、現在のボラリティの高さはマイナスとなるでしょう。
通貨にとって大切なのは、その安定性です。
たった1日や数時間で簡単に価格が変わってしまうと、通貨としての安定性を欠くことになり、決済や取引で使いづらくなってしまうでしょう。
今後の仮想通貨、特にビットコインはボラリティを以下に制御するかが課題となってくるかもしれませんね。

ボラリティの高さで仮想通貨が二分するかも

仮想通貨の今後を考えれば、ボラリティは低くなっていくのが理想だといえるのかもしれません。
しかし一方で、ボラリティの高さはFXや株にはない仮想通貨の大きな利点です。
幸い仮想通貨には、ビットコイン以外にも1000種類を超えるといわれているアルトコインが存在します。
こういったなかから今後、ボラリティの高いものと低いもので二分していくことも考えられるでしょう。
通貨として利用したいのならボラリティの低いもの、投資による利益を狙うならボラリティの高いもの。
そういった住み分けができれば、仮想通貨業界全体の価値はさらに高まっていくかもしれませんよ。

まとめ

ボラリティとは仮想通貨の特徴であり、その価値をアピールする大切な要因の1つです。
メリットもデメリットも両方ありますが、その性質を知ることは仮想通貨を取扱うユーザーにとってメリットとなるでしょう。
ぜひ仮想通貨とボラリティの関係を把握して、これからの投資やチャートのチェックに活かしてみてください。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です