ビットコインのマイニングって?今さら聞けない基本を解説!

マイニング

仮想通貨のことを調べていたり、購入していると「マイニング」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
そこで今回は、マイニングとは?という初歩的な内容から実際のマイニングのやり方までご紹介していきます。

CMやニュースなどによるアピールのおかげで、仮想通貨はかなり一般的な存在となってきました。

しかし仮想通貨にまつわるワードやシステムは、まだまだ専門的な領域を出ないままでいます。
「マイニング」に関しても、同じことがいえるでしょう。ビットコインの魅力であるマイニングの意味やメリットは、これから仮想通貨に手を出そうと考えている人にとって有益な情報となります。
売買価格にも影響することがあるので、これを機に仮想通貨のマイニングについてチェックをしておきましょう。

19afdc80 d3e0 49c7 9631 b6d8014c1dee

マイニングとは何なのか?

仮想通貨を手に入れる手段の1つ

マイニングとは、ビットコインなどの仮想通貨を手に入れるための1つの手段となっています。

基本的に仮想通貨には通貨の流通量を調整する管理者は存在せず、通貨を所有者同士で協力して管理しています。

そのため取引には承認作業が必要となり、膨大な計算処理が必要となります。

この計算処理を手伝うことで、報酬を得ることができるのです。

とはいえ、手伝った人すべてが報酬を得られるわけではありません。

手伝いを行った人の中からより多くの計算処理を行った人に報酬が支払われるため、競争状態となっているのが現状です。

マイニングとは採掘の意味

マイニングのイメージ

元々マイニングは、「採掘」といった意味を持つ言葉です。
仮想通貨を発掘し、掘り出すイメージからこの名前がついたといわれています。
鉱業などでも使われている用語ですが、インターネット周りでは今や仮想通貨に関するワードとして利用されるのが一般的です。

マイニングってどんなシステム?

マイニング

ビットコインなどの仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる台帳データが使われていて、これは仮想通貨の根源を成すものです。
仮想通貨の取引がブロックチェーンで承認・記録されることで、はじめてが完了する仕組みとなっています。
しかしビットコインをはじめとした仮想通貨にはやりとりを監視する公的な機関が存在しないため、この承認や記録といった作業は一般ユーザーの力を借りることになるのです。

その台帳記録をサポートしたユーザーは、報酬として新規発行される通貨を獲得することができます。
このプロセスのことを、マイニングと呼ぶのです。
誰もマイニングを行わなければ、仮想通貨の取引に信頼性が生まれなくなってしまうため、存在に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

半減期について

マイニングを行える仮想通貨は、基本的に発行に限界があり、そのなから一定の間隔と量が採掘されています。
しかし通貨の価格インフレを抑えるために、数年に1度のペースで「半減期」と呼ばれるものが訪れるのです。
半減期が来るとマイニングできる通貨の量が半分になり、その後はその半減した数値に合わせてマイニングが行われます。

マイニングの量が減ることは、市場に流通する通貨の増加も減ることになるため、基本的に通貨の価値は高まるでしょう。
ビットコインなどは4年に1度この半減期がやってくるので、この機会を狙って投資を行う人もめずらしくはありません。

半減期って何?ビットコインの基本をトレードに活かそう!

2018.02.25

マイニングのメリット・デメリットとは?

マイニングのメリットは?

1f013a78 545d 4bef 8cb9 697c1d96590d

売買しなくても仮想通貨が手に入る

マイニング1番のメリットは、実際に仮想通貨のやりとりを行わなくても通貨を手に入れられることでしょう。
仮想通貨の売買がよくわからない、手間や時間をかけるのが惜しい、そういった人はマイニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。
知識と初期投資があれば、購入そのものにはお金がかからないのが魅力ですね。

基本的に放置しているだけでOK

マイニングは初期投資や準備さえ整えば、後は放置したままでも大丈夫です。
チャートをチェックし、価格の上下に一喜一憂するのもいいですが、なるべく安心して楽しみたい人にはマイニングの方が向いているかもしれません。
仕事で日中留守にする、家事や育児で作業に時間がかけられない、そういった人でさえ挑戦できるのがマイニングのメリットでしょう。

マイニングのデメリット

マイニングを始める初期投資がかなり高くなることがあります。必要なGPUなどのパーツを全て購入しようと思うと、10万円、20万円ほどの費用がかかります。

またそのパーツを自分で組み立てていくとなると、マイニングを始めるまでに時間がかかります。

マイニングによる報酬の計算方法

マイニングにより得られる報酬は、パソコンによる計算処理の速さ(以下、ハッシュレート)と採掘難易度(以下、ディフィカルティ)によって求められます。

ハッシュレートについて

先述しましたが、ハッシュレートとは計算処理の速さです。

1TH/s(1兆回ハッシュ計算/毎秒)や1MH/s(100万回ハッシュ計算/毎秒)と表記します。数値の後についているアルファベットは下記のような意味を表しています。

  • K(キロ)=1,000倍
  • M(メガ)=1,000,000倍
  • G(ギガ)=1,000,000,000倍
  • T(テラ)=1,000,000,000,000倍

この値が大きくなればなるほど、計算処理の回数が多くなるのでマイニングに有利ということとなります。

採掘難易度(ディフィカルティ)について

取引データを保管するためのブロックを生成する難易度のことです。

一定の間隔でブロックを生成されるように計算の難易度を高めることで、調整しています。

計算の答えは同じでも、意図的に問題が複雑化することによって計算に必要な時間を延ばしたりします。

このように」難易度は調整されています。もちろん難易度が上がることもあれば下がることもあります。

マイニングを始めるには?

マイニングを始めるにあたり、必要なものは以下の通りです。

  • ウォレット
  • マイニングソフト
  • マイニングマシン

順番に説明していきます。

ウォレット

ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管する財布のようなものです。

現在では携帯のアプリでも簡単に手に入るのでダウンロードしておきましょう。

ウォレットには仮想通貨を受け取る為のアドレスというものがあります。銀行の口座番号と考えてください。

こちらはマイニングの設定を行うときに使用します。

ただしウォレットによって対応している通貨が違います。必ずマイニングに使用するウォレットは掘る通貨に対応したウォレットを作成して下さい。

マイニングソフト

マイニングソフトは、ソロマイニングを行う際に使用します。

GitHubBitZenyなどのサイトからファイルをインストールし、マイニングマシンやアドレスの設定等を行います。

プログラムを触る場合があるので、調べながらもしくは詳しい人に教えてもらいながら進めて行くことをオススメします。

マイニングマシン

マイニングはパソコンだけでも行うことはできます。しかし性能を考えるとASICと呼ばれる専門のマシンを使う方が良いです。

また仮にマシンを購入する場合は、日本のサイトから買うことはあまりオススメしません。

この理由は基本的にネットオークションでの転売されているものが多いので、価格が非常に高くなっているものが多いからです。海外から買えば20万円ほどで済むものも、日本では30万以上したりと大きな価格差が出たりもします。

それなので、マイニングマシンを購入する場合はできるだけ海外から取り寄せたほうがよいでしょう。

おすすめのサイトは、自社でクラウドマイニングも運営する、BITMAINです。マシンによってマイニングできる通貨、ハッシュレート、使用ワット数といったスペックが異なるので、よく確認しながら選びましょう。

マイニングの種類について

E1c5be50 d0f0 4ae1 899f 589d73978d3a

マイニングはそのなかでも、いくつかの種類があります。
それぞれのメリットや特徴を理解しておくと、いざチャレンジしてみるときに役立つことでしょう。

ソロマイニング

その名前の通り、個人でマイニングを行う方法です。
必要なパソコンパーツを調べることができ、かつ自力でマイニングのための環境を整えられる人におすすめのマイニング法となっています。

しかし多くの参入者がいるマイニングではなかなか十分な量を採掘することはむずかしく、時間と電気代に見合わない結果となることも。

その分気兼ねなく自分のペースでマイニングできるので、少しずつでも仮想通貨を手に入れたいのなら挑戦してみてはいかがでしょうか。

クラウドマイニング

クラウドマイニングが一番手軽にマイニングを行える方法です。自分でマイニングを行うのではなく、クラウドマイニングサービスを展開している会社にお金を払い、マイニングを代行してやってもらう形です。
配当金の形で報酬を得られるので、投資信託と似たスタイルであるといえるでしょう。

自宅で大掛かりなパソコン装置をそろえるひつようがないため、初期投資を抑えめにできるのがポイント。
とりあえずマイニングを体験してみたい人は、クラウドからはじめてみるのもいいですね。

クラウドマイニングサービスでは下記の2つがよく利用されています。

運営会社が電気代が安い地域などを選別したりしているため、自身でマイニングを行うよりはコスパが良くなる可能性を秘めています。

しかし一番手軽で堅実そうには見えますが、運営会社によっては報酬を払わなかったり、最悪の場合には行方がわからなくなったりすることもあるため十分注意が必要です。

プールマイニング

プールマイニングは、発掘をしたいユーザー同士が力を合わせてマイニングするという方法です。この方法も機材等は自分で用意する必要があります。

ただし、個々の力を集約してマイニングを行うため報酬を得る確率は高まります。その分、報酬は分配する形となるので受け取る量はソロマイニングに比べ低くなります。

基本的なやり方としてはソロマイニングと同じですが、プールマイニングの場合はどのプールで行うかを選択する必要があります。

個人の力だけではまともな報酬にならないときは、周囲といっしょにマイニングするのも1つの手段となるでしょう。
ビットコインなどの競合率が高い通貨の場合は、プールマイニングの方が効率良く採掘ができる場合もあります。

プールマイニングの始め方

  1. ウォレットとマイニングマシンを用意
  2. サイトにマイナー登録する(ANT POOL等)
  3. マイニングをする

大まかにこのような手順を踏みます。

マイニングの問題点とは?

D8013adc bddc 4180 b2f2 729d161774bd

ハードルが高い

仮想通貨のマイニングを行うには、それなりの知識と設備が必要となります。
家庭のパソコンやスマホで行えるマイニングもありますが、報酬は微々たるもので、なかなか利益にはなりません。
そのため中途半端にはじめてみたけど、結局マイナスのまま終わってしまう人も少なくないのです。
マイニングをはじめるのなら、ある程度計画を立ててから臨むようにしましょう。

消費電力が大きい

マイニングには、膨大な消費電力が必要とされます。
そのため電気代が採掘できる仮想通貨に釣り合わないことも多く、イマイチメリットが感じられないことも。
この消費電力は世界規模で環境に対しての問題となっているので、今後マイニングの形が変わっていく可能性もあります。

マイニングは誰でもできるのか?

5316efd3 c8da 4cae 803b 4686f94e24ba

準備さえできれば挑戦はできる

マイニングには、特に資格や許可などが必要ではありません。
そのため機材や時間といった準備さえできれば、誰でも挑戦することができるでしょう。
しかし前述した通り、本格的にマイニングで利益を出すには知識と工夫が大切になってきます。
マイニングを専門とした書籍やブログを参考にして、確かな準備と共にチャレンジしてみましょう。

今ならアルトコインが狙い目?

仮想通貨の代表格であるビットコインは、既にたくさんの個人や企業によってマイニングされています。
そのため新規で参加してもリターンが少なく、プラスの結果を生むのがむずかしくなるでしょう。
そこでおすすめなのが、アルトコインです。
まだマイニングのライバルが少ないアルトコインを狙って採掘を行えば、将来的に大きな資産になるかもしれません。
通貨によってはビットコインとのトレードも可能なので、別の場所でマイニングしたアルトコインをビットコインに換えるのもいいでしょう。

まとめ

マイニングの意味は、調べてみればそれほどむずかしいものでないことがわかるでしょう。
もし仮想通貨の売買以外にも興味があるのなら、マイニングに挑戦してみてはいかがですか。
世の中にはたくさんのマイナー(マイニングを行う人)がいて、日々採掘で利益を獲得しています。
知識と機材を集めて上手に利用することができれば、今からでもマイナーの仲間入りをすることができるかもしれませんよ。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です