アルトコインで人気急上昇中のモナコインとは?日本初の仮想通貨

アルトコインとは?

モナコインについて説明する前に、アルトコインの説明をしましょう。
アルトコイン altcoin

仮想通貨で最も有名で時価総額が高いのはビットコインです。そして、数多くある仮想通貨の内、ビットコイン以外を総称してアルトコインと呼びます。イーサリアムもビットコインキャッシュもリップルも、そしてモナコインも全てアルトコインです。

【2018年2月】今後持つべきおすすめアルトコインとは

2018.02.17

モナコインについて詳しく知ろう

モナコインとは、日本で初めて作られた仮想通貨です。最近になって、世界中で多くのICO案件が増え、日本も新たなICOに乗り出していますが、モナコインが登場した当時のことを考えると、とても画期的なことでした。

モナコインとは?

老舗の掲示板サイト「2ちゃんねる」をよくご覧になる方なら、そこに登場する猫型のキャラクター「モナー」をよくご存じかもしれません。そして、このモナコインは、その2ちゃんねるのソフトウェア板でわたなべ氏によって開発されたことから、モナコインと命名されました。

モナコインの誕生

モナコインは2014年に、日本初の仮想通貨として誕生しました。まだ仮想通貨が世間にあまり知られていない時代のことです。コインのイラストには、モナーがちゃんと描かれています。ビットトレックスなどの大手仮想通貨取引所でもモナーは取引されていますが、そこでもちゃんとモナーのイラストがそのまま使われています。

アルトコインが今ほど注目されていなかった時代に、半ばお遊びで作られた仮想通貨だとも誤解されがちですが、実は秋葉原などごく限られたコミュニティの範囲内ではありますが、実際の決済手段としてモナコインが使われています。

その他の多くのアルトコインが決済手段としての機能をもっていなかったり実用化に至っていないのを考えると、モナコインは時代を先取りしていると考えることもできます。

モナコインの価格が急上昇!

秋葉原など、やや限られた範囲で話題になっていたモナコインですが、2017年に入って日本中、さらには世界中に注目される仮想通貨の仲間入りしました。その理由とは?

Segwitをビットコインに先駆けて実装

まずは、モナコインがSegwitを実装していることが挙げられます。ブロックサイズを圧縮してブロック内の容量を増やすSegwitは、ビットコインのハードフォーク騒ぎで話題になりましたが、その半年ほど前に、すでにモナコインで行われていたのです。

2017年4月には、Segwit実装の影響で3円台から一気に12円台を超え、4倍~5倍になりました。これだけでもかなり衝撃的でしたが、他のアルトコインも同時期に値上がりしていたのでモナコインがそれほど目立っていたわけではありませんでした。

ところが、この値上がりはまだ序の口でした。その数ヶ月後、さらに驚異的な急上昇をすることになるのです。

bitFyerで取引開始後に急上昇

後に詳しく述べますが、日本の大手仮想通貨取引所、bitFlyerでモナーコインが取り扱われ始めました。その後、一気にモナーコインの価格が急上昇したのです。それまでにも、モナーコインの価格はじわじわ値段を上げて50円台にまでなっていました。それが、bitFlyerへの登録で急騰しました。

bitFlyerに登録されたのが10月2日。その後、買い注文が殺到し、あっという間に100円、200円、300円と値上がりを続け、10月14日には600円超えを達成しました。その後は価格が落ち着き、300円台で前後していますが、それでも元の値段から考えると快挙です。

海外からも買い注文が殺到

もし日本だけの出来事なら、一時的なブームに終わるかもしれませんが、実は海外からもモナーコインが注目を集めています。bitFlyerでモナーコインが変われていた同時期、海外大手仮想通貨取引所のbittrexでもモナーコインがどんどん買われ、取扱高でも他の有名仮想通貨を抑えて上位に入っていました。

Segwitをビットコインより前に実装していることなどが評価されたのでしょうか。今後値下がりしなければ、単なるブームではなく、日本で誕生したモナーコインが世界に認められたということになるでしょう。

モナコイナーの存在

モナコインが人気を保っている理由として、モナコイナーの存在は無視できません。モナコイナーとは、自腹を切ってでもモナコインを流行させようとする人達のことです。主に秋葉原で活動しているようです。秋葉原には外国人も多く観光などで集まるので、それがモナコインを世界に広める結果になったのかもしれませんね。

面白いモナコインの使い方として「投げ銭」があります。これは、相手への評価や感謝でモナコインを投げ銭するものです。その他にも様々な面白いキャンペーンやイベントを行ってきた地道な努力が実を結んだのでしょう。

かなり実用的な仮想通貨

そして、モナコインの実用性が高いこともあげられます。例えば、「Monappy」というサイトは、モナコインのウォレット機能を持ち、上記の投げ銭をしたりモナコインでの商品販売や購入までできます。おそらくこのように実際に仮想通貨を使えるのは、ビットコインや世界中のアルトコインを含めても極めて希な例ではないでしょうか。

モナコインが売買できる日本の取引所を紹介

モナコインとはどのような仮想通貨か分かったところで、実際にモナコインを手に入れてみたい人もいらっしゃるでしょう。プレゼントなどでもらう方法もありますが、やはり仮想通貨取引所で購入するのが一番早いです。

Zaif

モナコインを手に入れたいなら、テックビューロが運営するZaifが一番有名です。古くからモナコインを扱っていて、モナコインとビットコイン、モナコインと日本円での交換が可能です。イーサリアムやネムなどのアルトコインも取り扱っています。

また、多くのトークンも取り扱っていますので、今後はさらに取引所としての規模を拡大していくかもしれません。なにより、これまで世間的には注目度の低かったモナコインが、一気に注目を浴びたことのインパクトが大きいです。

Zaif(ザイフ)とは?その特徴、メリット・デメリットを調べてみた!

2018.02.18

bitFlyer

bitFlyerは、日本でも最大規模の取引量を誇る仮想通貨取引所です。サービス開始後しばらくはビットコインしか取り扱っていませんでしたが、徐々にイーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコインと取り扱うアルトコインを増やしていき、ビットコインのハードフォークで誕生したビットコインキャッシュを含めると5つの仮想通貨を取り扱っていました。

そして、6つめの仮想通貨のモナコインが2017年10月2日に登録されるやいなや、わずか数日で50円前後から500円以上へと急騰しました。一時は1,000円に到達するとまで噂されていましたが、10月中旬から値を下げ、300円台で推移しています。

Zaifが取引所での売買なのに対し、bitFlyerは販売所で売買します。そのため、一気に大量のモナコインを買うのならbitFlyerの方が都合が良かったことで、買いが買いを生んだようです。

ビットフライヤーの登録方法と退会方法の手順を解説

2018.03.23

その他

その他にも、ビットバンクやフィスコ仮想通貨取引所などでモナコインが取り扱われています。今後、さらに取り扱いを開始するところもでてくるかもしれません。

また、日本ではありませんが、アメリカの大手仮想通貨取引所Bittrexでもモナコインは取り扱われています。

モナコインの将来性

今、多くのICO案件がどんどんできあがり、日本も乗り出しています。
そのため、新たな仮想通貨もどんどん誕生していくことでしょう。

その反面、途中で案件が破棄されたり、できあがったものの当初予定していたほどの値段がつかないアルトコインが実際に多くあるのも事実です。

そして、現在評価の高いアルトコインも、投資の対象としての側面がまだ強く、ビットコインでさえまだようやく実用化が始まった段階です。

それに対し、限られたコミュニティの中とはいえ、実際に売買などに使えるモナコインは、世界中のアルトコインに対し、一歩リードしていると言えます。なにより、モナコインを流行させようとするモナコイナーの存在があるのも、それを後押しすることでしょう。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です