アルトコインの台風の目?モネロ(XMR)とはどんな仮想通貨なのか

monero

「モネロ」はエスペラント語で「通貨」

「モネロ」は世界共通語として知られるエスペラント語で「通貨」「コイン」という意味になります。

モネロの誕生は2014年4月です。

ビットコインの開発後に生まれた仮想通貨、いわゆるアルトコインの一種です。

【2018年2月】今後持つべきおすすめアルトコインとは

2018.02.17

アルトコインは、ビットコインのブロックチェーンという考え方をもとに、それぞれビットコインにない特色を備えています。

その中で、モネロの特色は承認速度の速さと、取引の匿名性の高さだといわれています。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

承認速度が速い

ビットコインでは10分ごとに、取引をひとまとめ(ブロック)にして承認作業を行い、これが「ブロックチェーン」の由来にもなっています。

しかし、逆にいえば10分以上経過しないと、決済処理が完了しないことになります。

それに比べて、モネロの場合は約1分と承認作業が速く、通常の電子決済とほぼ同じ感覚で使用可能です。

取引の匿名性の高さ

ビットコインはネットワーク上のシステムに取引がすべて公開されているので、各IPアドレスや取引量がすべてオープンになっているのが特徴です。

これが、取引の透明性の高さという評価につながり、ビットコインの市場を広げることになったのですが、一方ですべての取引がオープンになっていることで生じる問題もあります。

たとえば企業であれば、どこの会社とどれぐらい取引を行ったのかがわかってしまうのでは、おいそれと決済には利用できないでしょう。

モネロの仕組みについては後で説明していきますが、ビットコインとは異なり、誰がどのぐらい取引を行っているのかをわからないような仕組みで、非常に匿名性が高くなっているのです。

モネロの仕組み

モネロは、一足先にリリースされていた「バイトコイン」(Bytecoin)というアルトコインをベースに開発されたものです。

バイトコインは、2012年4月と仮想通貨としてはかなり初期にリリースされたものですが、匿名性の高さを売りにした最初のアルトコインといわれています。

その匿名性の高さを実現しているのが、CryptoNightというアルゴリズムです。

通常の取引ではAさんからBさんに1万円、CさんからDさんに5千円を送金した場合、そのまま「AさんからBさんに1万円送金」「CさんからDさんに5千円送金」と記録されます。

これがバイトコインのアルゴリズムでは、たとえば「AさんからBさんに7千円、Dさんに3千円」、「CさんからBさんに3千円、Dさんに2千円」というかたちで送金が行われ、しかも取引状況が全く見えないような仕組みになっています。

BさんとDさんが受け取る金額は結果的に同じなのですが、実際には誰と誰がいくら取引したのか全くわからないようになっているのです。

モネロもこのアルゴリズムを使用し、非常に匿名性の高いネットワークを構築しています。

モネロとバイトコインの違いは、承認作業の速さ(バイトコインは約2分)ことに加えて、上限発行量を設けなかった点(バイトコインは上限1,844億7,000万BCN)にあります。

このため、バイトコインの方が先に登場したにもかかわらず、現在は時価総額でモネロの方がはるかに上回る状況になっています。

モネロはマイニングも簡単?

B03cb5d7 ba34 42e8 9c9a 306578b8e6e7

仮想通貨を発行する仕組みは、モネロもビットコインと同様にPOW(プルーフオブワーク)を採用しています。

マイニングすることで通貨が発行されるのですが、ビットコインのマイニングには高性能なシステムと、コンピューターを冷却するための大量の電力が必要とされるため、個人でのマイニングは不可能なレベルとなっています。

ビットコインのマイニングを行っているのは、たとえばアイスランドのように冷涼で電気代も安い場所で、大掛かりな工場のような設備を作って行っているのを見れば、とても個人でマイニングしようとは思わないでしょう。

それに比べると、モネロが使用しているCryptoNightというアルゴリズムでは、一般に市販されているPCでもマイニングが可能といわれています。

しかし実際には、仮想通貨をマイニングするためには精度の高い計算を行う必要があるので、一般のPCに入っているCPUでは役不足です。

そのため、より高度なコンピューターグラフィックを制作するのに使用される、GPUを備えたPCが必要となります。

やはりマイニングよりも購入する方が無難

では、GPUを備えたPCを用意すればモネロのマイニングに参加してひと儲けできるか、といえばそう簡単ではありません。

まず、GPUですが、マイニングだけでなく、AI(人工知能)やVR(仮想現実)、AR(拡張現実)といった、今、まさに注目の分野でのニーズが高いことから需要が高まり、争奪戦が勃発しているような状態です。

高いマシンを購入しても、今度はランニングコストの問題がでてきます。

そういった処理能力の高いマシンは、消費電力も大きく、しかもそれを24時間稼働させる必要があるので、電気代が相当かかります。

さらに、そのシステムを冷却するためにエアコンを使うことになるので、さらに電気料金がかかることになります。

日本の高い電気料金がランニングコストに大きな負担となってくるのです。

つまり、モネロのマイニングに参加自体はできるけれども、マイニングで得られる報酬が、それにかけるコストに見合ったものになるか、といえば正直難しいでしょう。

マイニングのためにかかる初期投資分で、モネロを購入する方が無難です。

モネロの匿名性は諸刃の剣

D8013adc bddc 4180 b2f2 729d161774bd

モネロの最大の強みは匿名性ですが、それが弱みになることもあります。

取引の匿名性の高さから、マネーロンダリングや不正な取引に利用される可能性も高くなるのです。

かつて、「Alphabay」という闇サイトがかつて存在したのをご存知でしょうか。

麻薬から銃器類まで、違法な品物ならそれこそなんでも匿名で売買できるという闇マーケットサイトだったのですが、そこでモネロが取引通貨として採用されていたことから、悪い意味で評判を高めてしまったのです。

その「Alphabay」は2017年7月に、予告なしにサイトを閉鎖し、巨額の仮想通貨の行方が不明となる事件が起こっています。

政府が、こういった闇サイトで使用されるような仮想通貨は危険な存在としてみなすことは間違いなく、なんらかの制限を加えてくる可能性も否定できません。

そうするともともとモネロがもっていた使い勝手の良さもスポイルされかねず、取引の有利性が薄れてしまいます。

また闇サイトで取引に使われていたというのは、企業がモネロを利用する際にもネックになります。

通常の取引を行っているにもかかわらず、違法な取引に関わっているものと一般の人から誤解を受け、イメージダウンにつながる恐れがあるからです。

振り幅は大きいが伸びしろの大きさは魅力的

こういったマイナスの側面はあるものの、モネロのもつ匿名性の高さは評価が高く、2017年8月後半に大暴騰を記録し、一気に仮想通貨の中での存在感を高めました。

もともと仮想通貨自体が、上げ下げの激しい金融商品となっていますが、ビットコインやリップルコインに比べてもモネロの相場の激しさは注目の的です。

投資よりも投機的な側面が強い仮想通貨ですが、これまでのチャートを追ってみると、きれいに右肩上がりとなっています。

現在の状況では、長期的に所有して、じっくり成長を見守るというのには不向きな性質の仮想通貨ですが、値動きを早めに察知して売買を行うことで、大きな利益を得られるチャンスがあるともいえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

モネロ、伸びしろの大きさは非常に魅力的な仮想通貨といえるのではないでしょうか。

ただし、こういったある種、ギャンブルのような性質をもった仮想通貨の場合、SNSなどで必要以上に売買をあおるユーザーも多いので、情報の見極めは慎重に行うようにしたいものですね。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です