2018年が勝負の年!?仮想通貨リップルの将来性に期待!

リップル(ripple)

仮想通貨の世界で、「リップル」の名前はもはやお馴染のものとなりました。
そのシステムと将来性が高く評価され、今話題となりつつあるリップルは、今後も大注目の通貨の1つです。

19afdc80 d3e0 49c7 9631 b6d8014c1dee

しかし具体的に、いったいなにがリップルの名前をここまで押し上げたのでしょうか。
こちらではリップルの特徴や魅力をチェックして、そこに隠されている将来性について考えてみます。
リップルの購入を予定しているのなら、ぜひ参考としてみてください。

リップルがなぜ大注目なのか?

そもそもリップルとは

リップル(ripple)

リップルとは2013年に発行された仮想通貨で、現在はリップル社がその運営と管轄を行っています。
ビットコインのように中央集権を持たない通貨とはちがい、金融機関と似た特性を持つといえるでしょう。
名前をリップル(Ripple)、単位をXRPで表記しますが、単位もまとめてリップルとされることも。現在多くの企業との提携を結び、その将来性に期待が集まっています。
2018年を代表するアルトコインの1つであるとの見方もあり、時価総額の成り行きが気になるところです。

送金と決済を担う

リップルの特徴といえば、ブロックチェーンを利用したスピーディーな送金と決済システムです。
国境に関係なく金融商品をやりとりできるため、世界規模の取引で活躍が期待できます。
毎秒1000件のやりとりを処理することができ、送金は最短4秒で終了するとのこと。
さらにコストも低いため、リップルには多くの企業にとってのメリットがあります。
今後も活発になっていく国際間の取引を的確にサポート可能なため、リップルの将来に投資する人は今後も増えていくでしょう。

既存のシステムに対する革命

リップルの基本概念は、既存の国際送金システムの革命です。
不安定でコストもかかる現在の取引システムでは、便利になっていくその他のテクノロジーにいずれ追いつくことができなくなります。
しかしリップルが採用されれば、そのスピードと軽さでこれまでにはない送金環境ができあがるでしょう。

リップルは未来の金融社会にとって、なくてはならないシステムの基盤になろうとしているのです。
当然、多くの銀行や企業がリップルの理念と技術に注目することになります。
リップルの存在は既存のシステムに危機感を抱いている人たちにとって、まさに救世主だといえるでしょう。
そして2018年現在、リップルの価格が高騰したことから、国際送金システムの革命が着実に進行していることがうかがえますね。

リップル独自のシステムに期待が集まる!

Ddd38355 346c 41e7 afd3 28069b678cc3

コンセンスシステムで快適な速度を実現

リップルには、コンセンスシステムと呼ばれるアルゴリズムが使用されています。
これは選ばれた「承認者」たちによって投票が行われ、その結果によって取引の記録を認証するシステムです。

ビットコインで使用されているPoWとはちがい、承認速度が劇的にスピードアップするメリットがあります。

一方でビットコインでおなじみのマイニングのような仕組みはないため、新規通貨の発行には別の手段を用いらなければなりません。

しかしコンセンスシステムはそれを欠点としないほどの速度を持ち、ビットコインでは1時間以上かかる送金をわずか4秒で完遂できます。

また承認にかかる時間が短くなったことで、電力などのコストが大きく減少するのも特徴。

リップル独自のアルゴリズムでコンセンスシステムは、スケーラビリティ問題が議論されているビットコインに差をつける要因の1つとなっています。

ブリッジ機能で新しい価値を作りだす

橋渡しを意味するブリッジ機能も、リップル独自のメリットです。
多くの仮想通貨は、1つの通貨をサービスの利用に使うことで機能しています。
しかしリップルはXRPだけでなく、ドルや日本円といった法定通貨、ビットコインやイーサリアムなど他の仮想通貨を同時に取り扱うことが可能なのです。
それぞれの通貨が簡単にトレードでき、しかも送受信にかかる時間はわずか数秒。
リップルが通貨の間を取り持つことで、どんな組み合わせであっても即交換することができるのです。
さらにウォレット内で好きな通貨に両替もできるため、自由な国際取引が楽しめるでしょう。

IOUによる取引

リップルの取引には、IOUと呼ばれる仕組みが採用されています。
IOUとは「I owe you」の省略で、「私はあなたに借りているものがある」といった意味。
簡単にいえばIOUはゲートウェイから発行された借用書を使って、直接お金を借りている相手ではない人に返済を行うシステムです。
リップルを使っているユーザー同士なら、当事者でなくてもこのIOUを使って間接的な取引が可能となっています。
この機能がリップルを仮想通貨の枠組みから外れた、「取引プロトコル」と呼ぶ理由だといえるでしょう。

通貨ではなく借用書?IOUってなに?異色の仮想通貨、リップルを解説!

2018.02.14

将来性への期待感が結果を生んでいる

Bfe6ef4a 4166 42f7 98c4 e22889ae21e5

さまざまな企業がリップルに参加

リップルの将来性は、少しずつ世間に認知されはじめています。
そのためいくつもの有名企業がリップルヘの参加を表明し、その技術と特性を積極的に取り入れようとしているようです。
日本でも三菱東京UFJ銀行が送金サービスにリップルを採用し、2018年の実装が予定されています。
さらに世界の銀行がその流れに追従し、現段階で約90以上の企業がリップルの取引に参加するとのこと。
その後の結果が良好であれば、また多くの企業がリップルを採用する可能性もあります。
現在の流れを正しくつかめれば、リップルはこれからの金融業界で重要な立場になるかもしれませんね。

価格の高騰が将来性の高さを証明?

過去のリップルはそのシステムの魅力が十分に伝わっていなかったため、1XRP=1円程度を推移する時間が長く続きました。
しかし2016年後半から少しずつ銀行のシステムに利用されはじめ、価格を上向きにしていきます。
そして2017年、4月の段階では3~4円だったリップルが、5月中盤には45円を超える高値を記録しました。
これは上記でも紹介した三菱東京UFJ銀行との提携の他に、リップル社が保有する通貨のロックアップが報道されたことが関係するでしょう。
ロックアップとは、これまで定期的に放出されていた新規通貨を、一時的に停止する措置のことです。
リップル社はこのとき550億枚ものXRPを保有していたため、いっきに放出されることによる価格の暴落を心配する声がありました。
ロックアップ宣言はそういった不安を吹き飛ばす効果があったため、価格の高騰を促す結果となったのでしょう。
2018年以降は毎月10億XRPの放出が再開されるとのことですが、1度価格が上昇した実績は将来性に大きなプラスになることが想像できますね。

将来を決めるのは2018年?

リップル自慢の送金システムは、2018年にさまざまな場所で実装されます。
そのため2018年こそ、リップルの将来を決める大切な年だといえるでしょう。
実装されたシステムが見事に機能すれば、今後の送金形態にリップルが基準となるかもしれません。
それは当然価格の高騰につながり、さらなる将来性に期待されます。
しかしチャンスである一方、システムが上手く適応されなければ、ここからの価格アップがむずかしくなるでしょう。
2018年はリップル関連のニュースが増えると予想できますので、どのような結果を生むのかをこまめにチェックしていきたいですね。
将来性を決定づけるような報道を見つけたなら、高騰を狙って購入に踏み切るのもいいかもしれません。

まとめ

リップルの特徴を知ると、なぜその将来性に期待されているのかがよくわかるでしょう。
既存のシステムを塗り替えるかもしれないその魅力に、投資をしてみる価値は十分にあります。
上記の内容に興味を引かれたなら、ぜひ購入を検討してみてください。
仮想通貨のなかでも特別な存在となりつつあるリップルが、未来を大きく変えるかもしれませんよ。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です