仮想通貨の取引所の仕組みと選び方。ビットコインを購入するにはどうすれば良い?

仮想通貨を購入するには、どこに行ったらよいでしょうか?

外貨であれば銀行で両替できますが、仮想通貨は銀行ではもちろん取り扱っていません。

じゃあ、どうやって入手するかというと、インターネット上の取引所(ゲートウェイ)を利用することになります。

膨大な額面のビットコインが消失したマウント・ゴックスの例もありますから、どの取引所を利用するかも重要ですね。

ビットコインを購入するためには仮想通貨取引所の口座開設が必要

ビットコインを手に入れる方法はいくつか存在しますが、ビットコインを購入するなら、まずは仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。
仮想通貨取引所は、日本国内のものと海外のものがあります。
 
海外の仮想通貨取引所も、扱っているアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の数が多い、手数料が安いなどのメリットがありますが、英語ができないと理解ができません。
 
そもそも最初にビットコインをもっていないと取引ができない取引所がほとんどですので、国内の仮想通貨取引所に絞ってご説明します。

取引所の仕組み

本来、仮想通貨は「相対取引」といって、売り手と買い手が直接やり取りできる点が強みです。

しかし、お互いに相手を見つけることができなければ、取引自体が成立しません。

そこで、取引所を設けて売り手と買い手に集まってもらうという仕組みができあがりました。

 

取引にはオーダーブックというものが使われます。オーダーブックは気配値(価格)、買数量(買い手が求める分量)、売数量(売りたい分量)から構成されます。

最も高い購入希望価格と最も安い売却希望価格が折り合った場合に売買が成立します。両者の提示価格が折り合わない場合には取引は成立しません。

どちらかが譲歩することで売買が成立します。オーダーブックは取引所ごとに独自のものを使用していますから、取引所によって同じ商品でも価格差が生じます。

すると、安い取引所で購入して高い取引所で売却する人が現れるので、自然に価格調整が行われます。

 

大手プレイヤーが続々と参入

取引所は取引手数料仮想通貨出金手数料日本円出金手数料などにより運営しています。

また、取引所が保有する仮想通貨を販売する「仮想通貨販売所」を設けているところもあります。

販売所は手軽な反面、取引所に比べて高額で購入することになります。

2016年にはフィスコが仮想通貨取引所に参入。さらにはSBIホールディングス、DMMが参入計画を発表しました。

また三井住友海上が取引所向けにサイバー攻撃や不正によって仮想通貨が失われた際の損害を保証する保険を販売開始しました。

利用者の口座も保証されますので、取引所選びの参考にもなりますね。

ビットコインの取引所を選ぶポイントとは?初心者のために疑問点を総復習!

2018.02.18

取引所の選び方のポイント

仮想通貨取引所を選ぶポイント

国内の仮想通貨取引所はいくつかあり、初めてビットコインを購入される方にとってはどの仮想通貨取引所が良いか迷うことでしょう。
登録は無料でできますので、片っ端から登録しても良いですが、時間の無駄を省くために、見分け方とおすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

金融庁に登録されていること

平成28年に仮想通貨交換業に関する法律が改正されました。
そして、その改正内容の一つが、平成29年10月以降は仮想通貨取引所が登録制になるというものでした。
 
それを受けて国内の仮想通貨取引所は金融庁に提出しました。その結果、11社が正式に登録を受けました。初心者が口座開設するなら、登録業者がおすすめです。
 
その一方、10月現在で19社が継続審査中です。その理由は公表されていませんが、扱うアルトコインの数が多いコインチェックなどは審査に時間がかかっていると考えられます。登録が見送られた仮想通貨取引業者も、みなし期間として通常通り取引が行われています。

仮想通貨取引所の登録開始とホワイトリスト

2017.10.30

2017年春に金融庁が公開する「仮想通貨規制」の内容は?

2017.06.17

取引量が多い

ビットコインを実際に取引している量が多いことも重要です。取引量の多さは信頼の証です。
なぜなら、ビットコインの残高不足などが起こりにくいからです。上記の金融庁に登録された業者なら安心でしょう。

アルトコインの種類が豊富

ビットコインの購入方法とは直接関係ありませんが、アルトコインの種類が多いことも重要です。
なぜなら、ビットコインは値幅が大きいため、資産分散するほうが良いからです。
アルトコインで有名なのはイーサリアム、ライトコインなどです。アルトコインは1,000種類以上と言われています。

【2018年2月】今後持つべきおすすめアルトコインとは

2018.02.17

購入方法がわかりやすい

ビットコインを初めて購入する人にとっては、重要な要素になります。サイトやアプリの使いやすさは非常に重要です。

取引手数料が安い

取引手数料の安さも重要です。Zaifは手数料がマイナス0.01%(現物取引のみ)のキャンペーンを行っているので、とてもお得です。
 
おすすめの仮想通貨取引業者は、bitFlyerです。

まず最初にbitFlyerで口座開設をし、慣れてきたら他の仮想通貨取引所も口座開設していくのが一番良いでしょう。

主な仮想通貨取引所

bitFlyer 

ビットコインとイーサリアムを取り扱う。ビットコインの取扱量は日本一。クラウドファウンディングや寄付、レバレッジ取引によるトレードなど多様なサービスがある。
セキュリティの高さには定評がある。ニュースサイト「BTCNews」を運営している。

ビットフライヤーの登録方法と退会方法の手順を解説

2018.03.23

コインチェック 

ビットコイン、イーサリアムなど7種類の仮想通貨を扱う。入金も銀行、クレジットカードのほか、コンビニ決済やペイジー決済ができる。
コインチェックでんきというサービスは電気料金の支払いを同社経由で行うと料金の4?6%がビットコインとしてキャッシュバックされる(電気料金支払いは円でも仮想通貨でも可能)。

J-Bits 

ビットコイン専用。レバレッジ取引に対応。スマホアプリ「ビットトレーダー」は口座を持っていなくても無料で使用可能で、チャートや市況などを閲覧できる。同社は仮想通貨関連のニュースサイト「コインポータル」も運営している。

Zaif 

ビットコイン、モナーコインなど6種類の仮想通貨を扱う。ビットコインとモナーコインには専用の簡単売買画面が用意されている。自動積立は銀行から毎月自動引き落としの上、その月の相場に合わせたビットコインを自動的に購入してくれるサービス。
また、あらかじめ日本円を預託しておくと誰でもビットコインとモナーコインの対面販売ができる「スマートATM」などユニークなサービスがある。

zaifのコイン積立がすごい!気軽に仮想通貨をはじめたい人は要チェック!

2018.02.18

Zaif(ザイフ)とは?その特徴、メリット・デメリットを調べてみた!

2018.02.18

フィスコ仮想通貨取引所 

2016年に新規参入。Zaifと同じシステムを使用しており、オーダーブックも共通。
同社の参入により、bitFlyerがイーサリアムの取扱いを始めるなど、業界に影響を与えた。

GMOコイン

GMOコインを運営しているのは、2016年に設立されたGMOコイン株式会社です。
IT企業の大手GMOインターネット株式会社が母体となっているため、安心して取引を行える運営会社であるといえます。
GMOインターネット株式会社は別に証券会社を運営している実績もあり、仮想通貨の取引において活かせる技術がたくさんあると評判です。
まだまだ伸びていくであろう仮想通貨業界において、GMOコインの存在はさらに大きくなっていくでしょう。

GMOコインってどんな取引所?特徴や評判を徹底解説!

2018.02.18

口座開設してからビットコインを購入するまでの準備

 ビットコイン購入までの手順

口座開設は、基本的にメールアドレスとパスワードを登録するだけで完了します。
しかし、口座開設したらすぐにビットコインを購入できるわけではありません。いくつかの準備が必要です。準備の内容は仮想通貨取引所によって異なりますが、bitFlyerを例にご説明します。

bitFlyerは、ウォレットクラスとトレードクラスという2つのアカウントクラスがあります。
ビットコインを購入するのが目的なので、トレードクラスにしましょう。
 
そのためには、本人確認の書類提出が必要です。名前や住所などの個人情報はもちろん、本人であることを確認する書類を提出しなければなりません。

確認方法は、運転免許証やパスポートなどをスキャンしてアップロードします。
ほとんどがオンラインで完結しますが、最近では仮想通貨取引業者からはがきが郵送され、そのはがきに記載されているパスコードを入力することで認証が完了する場合もあります。
 
さらに、2段階認証が義務付けられている場合もあります。せっかく購入したビットコインを他人に盗まれないために重要なので、確実に行いましょう。

ビットコインの購入方法

無事に準備が完了したら、ビットコインの購入を開始しましょう。
購入方法は大きく分けて2つあります。
1つ目は、仮想通貨取引所に日本円を入金してその後にビットコインを購入する方法です。
2つ目は、クレジットカードなどで直接ビットコインを購入する方法です。

日本円の入金方法

振り込み

仮想通貨取引所に日本円を入金する方法はいくつかあります。
クレジットカードやインターネットバンキングで入金すると、オンラインでできますし手数料も安い(または無料の)場合が多いのでお勧めです。
登録したクレジットカードや銀行口座は、次回以降も使えます。
 
他にも銀行のATMやコンビニから入金することができます。
実際に銀行やコンビニに足を運ばなくてはならず、手数料も多めですが、早く確実に入金したい方には良いでしょう。

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所

日本円を入金したら、取引所内でビットコインを購入することができます。
しかし、販売所と取引所という2種類の購入場所がある場合があります。
それぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれ分けて購入方法をご説明します。

販売所での購入方法

販売所は、取引所より、ややビットコインの価格が高くなっています。
ただし、安定性がありますので初心者にはおすすめです。確実にまとまった数量のビットコインが買えるからです。
例えば、スーパーで野菜を買う場合には、店側で指定された値段で買うしか方法がないのと一緒です。
それに対し、取引所での購入方法は公設市場のようなもので、買う人と売る人とが交渉しながら値段や数量が決まります。

取引所での購入方法

ある程度ビットコインの売買に慣れた人におすすめの購入方法です。
うまくいけば販売所で購入するよりも安くビットコインが手に入れられます。
購入方法は、取引所内にあるビットコイン取引状況を見ながら、数量と価格を指定します。うまく条件が合えば売買が成立しますし、合わなければ次のチャンスを狙うことになりま
す。

クレジットカードから直接購入する場合

クレジットカード

クレジットカードでビットコインを購入するメリットは、仮想通貨取引所に日本円を入金する手間が省けることです。
ただし、使えるクレジットカードは限られています。bitFlyerの場合はVISAカードとマスターカードのみです。
手数料が高いですが、最速でビットコインを購入する方法です。
 
注意点として、必ず本人名義のクレジットカードを使いましょう。家族名義では購入できません。

ビットコインを定期購入する方法

ビットコインを毎月定期購入する方法もあります。
例えばZaifの「Zaifコイン積立」を利用すると、毎月27日に金融機関から指定した金額がプールされます。
その後、自動的にビットコインやその他の指定したアルトコインが日割りで加算されていきます。
 
この購入方法は、ビットコインの価格変動に関わらず一定の金額を購入するドル・コスト平均法を利用しています。リスクをできるだけ減らしたい方はこの購入方法がおすすめです。

zaifのコイン積立がすごい!気軽に仮想通貨をはじめたい人は要チェック!

2018.02.18

購入ビットコインはどうする?

ビットコインは数百円ぐらいから購入することができるので、まずは試しに購入してみましょう。
購入した後は仮想通貨取引所にそのまま置いておく他に、ウォレットに保管する方法、さらには再び日本円に換えて引き出す方法があります。

ウォレットにビットコインを保管する

仮想通貨 ウォレット

使わないビットコインはウォレットに保管しましょう。
ウォレットはオンラインのタイプやパソコンにインストールするタイプ、メモリタイプのものなどがあり、ビットコインを入れる財布のようなものだとお考えください。
 
ウォレットは別途開設する必要がありますが、ミスターエクスチェンジのように仮想通貨取引所とウォレットが一体になっているケースもあります。
 
ビットコインの金額が少額のうちはまだよいですが、高額のビットコインを仮想通貨取引所に入れっぱなしにしておくのは少し危険です。
盗まれてしまう危険や、仮想通貨取引所が倒産するリスクがあるからです。

ハードウェアウォレットで仮想通貨を守ろう!安全な管理を求める人は必見です!

2018.02.17

ビットコイン始めたい人必見!あなたが作るべきおすすめのウォレットとは?

2018.02.14

日本円に換金する

お金 日本円

ビットコインを購入した後に値上がりしたら、ビットコインを売却して日本円に戻し利益を得ることができます。
仮想通貨取引所にある日本円は、銀行振込などの方法で引き出すことが可能です。
ただし、手数料がかかります。手数料の金額は取引所によって違いますが、購入する時よりも高くなるところがほとんどです。

購入する以外にビットコインを手に入れる方法は?

以上、ビットコインの購入方法をご紹介しましたが、他にもビットコインを手に入れる方法があります。ビットコインの売買に慣れてきて、仕組みもわかってきたらチャレンジされても良いでしょう。

マイニング

仮想通貨 マイニング

まずは、マイニングと呼ばれる方法です。高性能のパソコンを使って複雑な計算をし、報酬としてビットコインがもらえる方法です。

ビットコインのマイニング(採掘)とは?

2018.02.24

ビットコインのマイニングビジネスは儲かるのか?

2017.05.18

簡単にビットコインをもらえる方法

初心者でも簡単な方法は、クリックするだけでもらえるサイトを利用したり、アフィリエイトの報酬でビットコインをもらったり、商品を購入するとおまけでビットコインをもらえる方法などがあります。
 
また、仮想通貨取引所の特定の場所にアクセスしてもらえる場合もあります。わずかな額ですが確実にもらえますし、コツコツ貯めた後に値上がりすれば大きな利益が得られる可能性もあります。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です