仮想通貨ファクトムの今後とその将来性は?

ファクトムという仮想通貨が最近になって今後の動向など話題になっています。

正確には決済を目的とした仮想通貨ではなく、変更不可能な電子記録をメンテナンスするための分散型データベースプラットフォームです。少々複雑な仕組みで運用されるファクトムを簡単に説明します。

ファクトムとは何か?

ファクトムは2015年に公開されたプラットフォームで、使用する仮想通貨はファクトイド(FCT)です。名前は英語のFact(事実)からきており、事実を認証するために作られました。

いわゆるビットコイン2.0というグループに属しており、イーサリアムがスマートコントラクト(契約)というサービスを提供しているように、ファクトムは事実認証というサービスを提供します。発行者はファクトム社でFCTの発行枚数は現在、約900万枚です。発行上限はありません。

ファクトムを利用することで、あらゆる電子データの記録や管理を「第三者の介在をなしに」証明することができます。現在は電子データの正当性を第三者により認証するために、膨大なコストがかかっています。ファクトムの仕組みを利用することで、最小限のコストでデータの管理を行うことができるわけです。

ファクトムの仕組み

ファクトムはビットコインのブロックチェーンを利用して、改ざん不能な分散型データベースを実現しています。ファクトムプラットフォームを利用したいユーザーは料金を支払いデータをファクトムのサーバに登録します。登録されたデータは確認後に暗号化されてファクトムプラットフォーム上のブロックに記録されます。

データはさらに暗号化されて10分おきにビットコインのブロックチェーンに記録されます。ビットコインのブロックチェーンに記録することで、ビットコインと同等のセキュリティを実現しています。

個々のデータをビットコインネットワークに記録するのは現実的ではありませんが、ファクトムプラットフォーム上である程度まとめることで、コストやスピードを確保しています。

手数料の支払いはEntry Creditで行います。Entry CreditはFCTと交換することで入手することができます。

直接、FCTでの支払いを行わないのはセキュリティ確保と利用料金がFCTのチャート変化の影響を受けないようにするためです。

ユーザーは任意のタイミングでEntry Creditを入手しておくことで、相場リスクを回避できるというわけです。

ファクトムの購入方法と将来性

ファクトムのチャートは登場時には10円程度でしたが、2017年10月現在は1,500円から2,000円程度を推移しています。

2017年に入って大幅な値動きをしているのは、Factom Harmonyという住宅ローン管理パッケージの発表で知名度が上がったせいだと思われます。日本ではコインチェックで購入することができます。

2015年にはファクトム社とホンジュラス政府が提携して土地の権利データの管理システムを開発することを発表しました。2016年にはビル&メリンダ・ゲイツ財団から、医療記録管理に活用するためとして資金提供を受けました。

金融サービスのIntrinioとの間で証券取引データをブロックチェーンで管理するプロジェクトも開始されています。その他、住宅ローンや個人情報の管理などさまざまな分野での利用が期待されています。

将来性の高いプロジェクトですが、従来のシステムをファクトムの仕組みに置き換えるには時間がかかることが予想されます。決済方式のように複数の仕組みが並行して存在できるものではないからです。ファクトムに関しては長期的な目で見る必要があるでしょう。

 




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です