新しい仮想通貨ネム(NEM)とは?その将来性は?

ネム(NEM)New Economy Networkの略です。

ブロックチェーンによる新しい経済活動を実現しようというプロジェクトのことです。NEMネットワーク上で使用されるトークンをXEM(ゼム)と呼びます。

PoIという新しいブロックチェーン承認方式や話題のmijinやカタパルトなどをご紹介します。

新世代の仮想通貨ネム(NEM)

ネムは2014年に企画が始まり、2015年3月31日に公開されました。

仮想通貨としての単位はXEM(ゼム)で、通貨発行送料は8,999,999,999XEMです。ビットコインなどとは異なり公開時に全てのコインが発行され、プロジェクトへの投資家に配分されました。時価総額ではライトコイン、ダッシュに次ぐ6〜7位という有力な仮想通貨です。取引にかかるブロック生成時間は1分に1ブロックと、ビットコインの10倍以上の速さです。

ネム(NEM)の特徴はPoIという独自の承認方式を取っていることです。PoIというのはProof of Inportanceの略で、ネムネットワークでの重要度に応じて報酬を支払うという形式です。重要度の計算は、XEMの残高と取引の量によって算出されます。こうして算出された重要度に応じてブロックチェーンの生成が割り当てられ、取引手数料が支払われます。このため、ネム(NEM)の承認作業はマイニング(採掘)ではなくハーベスティング(収穫)と呼ばれます。

そのほか、Mosaicと呼ばれる独自トークンの発行機能やブロックチェーンの中にメッセージを埋め込むといった機能もついています。

企業とオープンソースを結ぶカタパルト

ネム(NEM)のプライベート版でともいえるmijinは、日本のフィンテック企業であるテックビューロとネム開発チームの間で開発されました。2015年には野村総研や住信SBIネット銀行が実証実験を発表しています。ユニークなものでは日本ジビエ振興協会が、適正に捕獲された肉である証明としてmijinのブロックチェーンを利用するというものもあります。

カタパルトは、mijinの新たなエンジンとして全く新しくプログラムされたものです。全面的な見直しを行った結果、トランザクションの処理能力が4,000件/秒という驚異的なスピードを実現しています。最も速いリップルが1,000件/秒、イーサリアムが15件/秒、ビットコインが3〜5件/秒です。

テックビューロが新たに発行するCOMSAというトークンに実装されることが決まっており、mijinも近いうちにカタパルトにアップデートする予定です。パブリックネットワークのネム(NEM)でも2018年には実装されるようです。

ネム(NEM)というオープンソースのパブリックブリロックチェーンとmijinのようなエンタープライズブロックチェーンのコアが統合されることになります。

ネム(NEM)を入手する方法

現在、ネム(NEM)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所はZaifとCoincheckの2社です。Zaifはネムと関係の深いテックビューロが運営しているので、当然ながら購入することができます。様々なアルトコインを取り扱うCoincheckでもネム(NEM)をラインナップに加えています。

ただし、CoincheckではXEMでの出金や送金はできないので注意が必要です。

取扱銘柄が多いので分散投資の一環として利用するならば選択肢に入るでしょう。一方、ZaifはXEMを実際に利用したいという方にはおすすめです。取引手数料もお得ですし、ネムのウォレットへの送金など使い勝手が良いです。今後、ネム(NEM)が注目を浴びるとXEMの取り扱い取引所が増える可能性もあります。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です