第3の仮想通貨「ライトコイン」の可能性と相場傾向

ライトコインとは?

ライトコインとは、元グーグルのエンジニアのチャーリー・リー氏が2011年10月に開発した仮想通貨です。単位は「LTC」です。ブロックチェーンの仕組みなど、ビットコインとほぼ同じ仕組みが使われていますが、ビットコインよりも取引スピードが速いのが特徴です。

ライトコイン(LTC)は代表的なアルトコインの銘柄です。

俗にビットコインが金ライトコインが銀といわれるように地味な印象がありますが、
侮ることのできない実力を持っています。

ライトコインの概要と相場傾向についてご説明します。

ライトコインとはどんな仮想通貨?

ライトコイン

ライトコインは「銀」

ライトコインは、銀(シルバー)を目指して開発されました。これは、ビットコインを金(ゴールド)に例えての比喩です。ライトコインのロゴマークも銀色な部分にもそれは現れています。

以下の仕組みや特徴で述べるように、流通スピードが速いライトコインは、ビットコインよりもより多くの取引を手軽に行う目的で作られました。

ビットコインが誕生したのが2009年、その2年後の2011年に元Googleのエンジニアであるチャーリー・リー氏が中心になってオープンソースで開発、リリースされました。

ライトコインはビットコインと同様に決済を目的とした仮想通貨です。第2世代と言われる決済プラットフォームとして開発されたイーサリアムなどとは一線を画しています。

ライトコインとビットコインを比較すると以下のような違いがあります。

発行枚数が多い

ビットコインが2,100万BTCが発行上限であるのに対してライトコインは8,400万LTCが上限です。発行枚数が多いということで価格の高騰など相場変動リスクが抑えられるという期待があります。

ブロックチェーンの生成が速い

ビットコインのブロック生成には10分かかるのに対し、ライトコインは2.5分です。単純計算で決済に必要な時間が4分の1で済むことになります。その分、セキュリティレベルに問題があるのではないかという疑問もあります。ライトコインのセキュリティ問題は常に議論を呼んでいます。

ライトコインはビットコインをベースに作られましたが、ビットコインより有利に取引できることを目指しています。その一つの表れが、ブロックチェーン生成の速さです。ビットコインは、1つのブロックチェーンができるまでに約10分かかります。それに対し、ライトコインは1つのブロックチェーンができるまで約2分半です。単純に考えると、ライトコインはビットコインより4倍速くブロックチェーンが作られます

ブロックチェーンが速く作られるということは、送金が速くなることを意味します。さらに二重払いも予防できます。その反面、悪意のあるハッカーによる攻撃を受けやすくなってしまうリスクも指摘されています。

2017年に入ってビットコインの送受信に遅延が生じていて、それがハードフォーク問題に発展していますが、あまりにトラブルや遅延、さらには手数料の高騰が続いてしまうと、ビットコインよりもライトコインの方が注目を集める可能性があります。

暗号化方式が異なる

ライトコインは暗号化のアルゴリズムにScriptという方式を採用しています。このためブロック生成時間を短くすることができています。ビットコインはSHA-256という方式を採っていて、大半の暗号通貨はこの方式を採用しています。

いち早くSegwitを導入

ライトコインの速さには、もう一つ理由があります。それは、Segwitの導入です。Segwitはビットコインに導入されるかどうかで大きな混乱になりましたが、それは、どんどん増え続けるブロックチェーンに対してブロックの容量が不足してきたことがそもそもの原因です。ブロックには過去の取引内容が全て記載されるので、ブロックの容量が少ないことで取引の遅延が生じていたのです。

それを解決できるのが、Segwitです。Segwitを導入すると、1つのブロックチェーンで送金できる件数が増えます。容量は同じでも、より効率的に電子署名などのデータを整理し、重複を排除することで、取引スピードの向上につながります。

ライトコインは、仮想通貨の中で2番目に早くSegwitを導入しました。ちなみに1番はモナコインです。ビットコインもSegwit導入にようやく踏み切りましたが、そもそもブロックの容量不足は変わっていないので問題を先延ばしにしただけとも考えられます。その意味でも、早めにSegwitを導入したライトコインに分がありそうです。

ビットコインよりも多い埋蔵量

さらに大きなライトコインの特徴は、埋蔵量がビットコインの4倍の8,400枚になることです。これは、上述のブロックチェーン生成が4倍なので、それに合わせて通貨発行量も4倍になったことを意味します。マイニングもビットコインより難易度が低いので、ややスペックが劣るパソコンでも可能でした。

ところが、最近はライトコインの価格上昇に伴い、マイニング難度も上昇傾向にあります。

ライトコインの知名度

ライトコインは、時価総額が2017年11月現在で全仮想通貨中、6位です。新しい仮想通貨が続々登場する中で、トップ10入りを常にキープしています。それだけでも人気が高い証拠になります。

世界的にもライトコインを取り扱う仮想通貨取引所は多いです。大手の取引所では、高い確率で取り扱っています。日本国内でも、bitFlyerやビットトレードなどでライトコインのトレードが可能です。一方で、BTCBOXのように、ライトコインの取り扱いをやめる取引所もあります。

ライトコインの購入とチャート確認方法

ライトコインを取り扱っている国内の取引所はビットフライヤー、ビットバンク、ビットトレード、ビットバンクがあります。未登録ですがコインチェックでも取り扱っています。

ライトコインは海外の取引所で買うこともできますが、トレードするには英語の知識が必要ですし、いったんビットコインをその取引所に送金して、ビットコインをライトコインに換えなければならないなど、少し手順が複雑です。そこで、日本国内でライトコインを取り扱っている仮想通貨取引所を使った、ライトコインの買い方を紹介します。

bitFlyerを使ったライトコインの買い方

国内でも最大手の仮想通貨取引所bitFlyerで、ライトコインを買うことができます。ライトコインを買うには、bitFlyerにログイン後「アルトコイン販売所」をクリックし、「ライトコイン」のタブを選択します。すると、ライトコインの値動きチャートと注文履歴が表示されますので、それを参考にしながら、買いたいライトコインの数量を入力します。日本円の参考総額が右側に表示されますので、問題なければ買いましょう。

bitFlyerでは、販売所でライトコインの売買ができますが、取引所でライトコインの取引はできません。また、日本円とライトコインの交換しかできません。bitFlyerにはビットコインの取引所はありますので、将来的にライトコインを取引所で売買したり、レバレッジをかけた取引ができるようになるかもしれません。

もう一つ、クレジットカード決済でライトコインを買うこともできます。クレジットカード会社への手数料を余分に支払う必要があるので、急ぎの時以外は利用を避けた方が賢明かもしれません。もしクレジットカード決済でライトコインを買いたい場合は、事前にカード情報を登録しておく必要があります。

ビットフライヤーの登録方法と退会方法の手順を解説

2018.03.23

コインチェックを使ったライトコインの買い方

coincheck

コインチェックは、国内の仮想通貨取引所では最多の13種類もの仮想通貨を取り扱っています。ライトコインもその中の一つです。コインチェックでライトコインを買う方法は、事前に日本円を入金する方法と、クレジットカード決済があります。どちらの場合も、簡単に購入手続きが完了します。また、購入する日本円の金額を入力または選択したら、もらえるライトコインの金額が表示されます。

コインチェックにおいても、取引所でライトコインを購入することはできません。

コインチェックの特徴と将来性を考えてみる

2017.09.03

ビットバンクを使ったライトコインの買い方

ビットバンクでもライトコインを買うことができます。さらに、ビットバンクではライトコインとビットコインの交換もできるのが特徴です。そこで、ライトコインの日本円での買い方とともに、ライトコインとビットコインを交換する方法も紹介します。

ビットバンクでライトコインの取り扱いを開始したのは、2017年4月からです。これまでライトコインを扱っていたコインチェックや、ほぼ同時期にライトコインの取り扱いを開始したbitFlyerが販売所でしか取引できないのに対し、ビットバンクは取引所でライトコインの売買ができるため、より安くライトコインを買えるなどのメリットがあります。

また、FXのようなチャート画面でとても見やすく、100以上のテクニカル分析も使用できます。ビットコインを使ってライトコインを買いたい場合は、「LTC/BTC」をクリックして売買画面で買いたい金額と数量を指定して、「買」または「売」のボタンをクリックすれば完了です。

注文したい価格は、指値注文と成行注文のどちらでもできます。

仮想通貨(ビットコイン)取引所 bitbankの特徴や取り扱い通貨、手数料について

2018.02.18

ビットバンクとビットトレードは販売だけでなく板での指値注文も受け付けています。ビットコインに比べて国内での取り扱いは場所、金額ともに少ないのが現状です。取引所だけでなくcoingeckoなどでもチャートを確認することができます。

ライトコインの相場傾向は

ライトコインは2013年のキプロス危機や2015年のマイニング半減期に一時的に値を上げましたが、比較的安定していて1LTC=400円前後でした。2017年4月にライトコインはSegwitの採用を決定します。

Segwitというのはブロックチェーンに書き込む取引履歴を圧縮することで流通量の増加に対応する方策です。ビットコインではスムーズに進んでいなかったSegwitの採用が市場に好感されて一気に値上がりしました。

4月末には1,500円を超え、8月には9,000円を突破します。現在は5,000円から7,000円の間で落ち着いています。一気に値上がりしたライトコインですが、今後も価格は上昇傾向といわれています。

開発者であるチャーリー・リー氏がフルタイムでライトコインの開発に専念すると宣言したこと。ビットコインのセキュリティサービスを提供する数社がライトコインへのサービスも提供を開始したこと。何よりもSegwitのスムーズな実装に成功したことが評価されています。

ライトコインはビットコインに取って代わるものではありませんが、使い勝手の良さではビットコインを凌駕する部分もあります。手軽な決済手段としてのライトコインの将来性は高いといえるかもしれません。

ライトコインの今後の展望

仮想通貨の中ではビットコインに次ぐほどの歴史を持つライトコインは、2017年に入って信頼性をさらに増しています。ライトコインよりさらに取引スピードが速い仮想通貨もどんどん開発され、ビットコインもハードフォークをするなどしてスケーラビリティの問題解決に乗り出しているので、ライトコインが2018年以降、どのように浸透していくかは不透明な部分もあります。ただ、200以上ある仮想通貨は今後どんどん淘汰されることも予想されますが、ライトコインは間違いなく生き残っていく仮想通貨の一つとなるでしょう。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です