binanceってどんな取引所?特徴や評判をまとめてチェック!

Binance

仮想通貨取引所binanceをご存知ですか?
中国で作られたまだ新しい取引所で、豊富な取扱通貨と手数料の安さが評判を呼んでいます。

日本語化に対応し、ますますその存在を大きくしつつある取引所binanceは、将来仮想通貨にとって重要な場所となるかもしれません。
今のうちにその特徴や利用方法をチェックして、波に乗り遅れないようにしておきましょう。

binanceの概要や特徴

binanceってどんな取引所?

binanceは2017年の7月に発表された、新鋭の仮想通貨取引所です。
拠点は中国上海ですが既に日本語にも対応しているため、国内からでも問題なく取引を行うことができます。
2017年12月現在79種類もの仮想通貨を取扱っていて、これは日本最大の取扱い数を誇るコインチェックの6倍以上です。
取引高も世界で4位を記録するなど、活発な動きが見て取れる仮想通貨取引所だといえるでしょう。
binanceなら、圧倒的な通貨量のなかから自由に取引を行うことができます。

binanceならではの特徴

0b9773dc 4a74 4742 be3c e002ac1f1ce3

新しく上場する通貨を投票で決定する

binanceでは、新しく取引所に上場する通貨をユーザーの投票で決める面白いシステムがあります。
本当に必要とされている、求められている通貨が上場されるため、ユーザーにとってはありがたいルールだといえるでしょう。
これからも新規通貨をどんどん取り入れていくことが予想されるので、登録しておけば以外な有望通貨と出会うことができるかもしれません。

ビットコインの分裂時にコインをプレゼントしてくれる

ビットコインはこれまでに、幾度も分裂を繰り返して新しい通貨を生み出してきました。
binanceはそのたびに、ビットコインを持っているユーザーにその数に応じた分裂通貨をプレゼントしています。
10月にはビットコインゴールド、そして11月にはビットコインダイヤモンドの分裂があったため、binanceにビットコインを預けていた人は何もせずに資産を増やすことができました。
またbinanceは今後、全てのフォークコイン(分裂後の通貨)に対して所有数に応じた付与を行うと発表しています。
まだまだ仮想通貨のハードフォークは繰り返されることが予想されるので、プレゼントを期待してbinanceに通貨を置いておくのもいいかもしれません。

手数料が安い!

2017年12月現在、binanceの手数料はMakerとTaker共に0.1%です。
なかにはキャンペーンでマイナス手数料や0%を提示している取引所もありますが、binanceの豊富な通貨量を考えると、かなり安い手数料であるといえるでしょう。
さらにbinanceでは、取引所オリジナルのトークンBNBで支払うことで、手数料を半額にすることができます。
手数料を0.05%にまで下げられるため、binanceを利用するならBNBトークンを手に入れておくといいでしょう。

binanceの評判

Bfe6ef4a 4166 42f7 98c4 e22889ae21e5

良い評判が多い!

binanceは手数料の安さや通貨種類の豊富さによって、多くのユーザーから良い評判を受けています。
特に日本語に対応したことが大きなプラスとなり、気軽に登録や売買ができるようになったと感じる人が増えたでしょう。
今後は本格的に日本用の取引所を設置する噂もあるため、binanceが国内でも有数の仮想通貨取引所となる日が来るかもしれません。

しかし一方で不安もあり

binanceは中国に拠点を置く取引所であるため、中国政府の一声で閉鎖に追い込まれる可能性もなくはありません。
2017年に発表された仮想通貨取引の禁止が大きな事件として世界を揺るがした故に、まだまだ中国の取引所を信頼できないという人も少なからずいるのが現状です。
しかし世界の流れは仮想通貨にとって追い風となりつつあるため、中国の規制や禁止令はこれ以降行われないという見方もあります。
いずれにせよ、binanceをはじめとした中国の仮想通貨取引には、不透明なリスクがあることを理解しておくようにしましょう。

今後の展開に注目

取引所自体のシステムは非常に面白みがあり、参加したくなるような活気に満ちています。
しかしそれを取り巻く状況が不安定であるため、手放しで褒めることができない。
それがbinanceの現在の評価となるでしょう。
拠点のある中国をはじめとした各国がどのような動きを見せるのかによって、binanceの将来は決まります。
仮想通貨全体のニュースをこまめにチェックして、binanceが今後どういった発展をしていくのかに注目していきましょう。

binanceでの口座開設方法

F1ed43b7 f0d6 4bf1 b056 ab504eb50cdd

口座開設は国内の取引所と変わらない簡単さ

binanceに口座の開設を行うなら、まずは公式のホームページに向かいましょう。
メールアドレスとパスワードを設定し、登録を押せばメールが届きます。
リンクをクリックすれば、それだけで口座開設の登録は完了です。
日本国内の仮想通貨取引と変わらない簡易さなので、初心者でもすぐに登録を終わらせることができるでしょう。

2段階認証を設定しよう

登録を完了し、無事にログインすることができたら、取引をする前に2段階認証の設定を行うことをおすすめします。
公式の取引画面右上に表示されている人型のアイコンボタンをチェックすると、google認証の設定項目が見つかるでしょう。
対応アプリをダウンロードし、QRコードの撮影とパスワード入力を行えば、2段階認証は終了します。
2017年12月現在binanceは日本語に対応しているため、取引所内の操作に迷うことはありませんね。
サクッと設定を済ませて、仮想通貨の取引に進みましょう。

実際の売買方法

B0c31d86 24fd 4553 a626 d48db2f6d0fe

まずは保有している仮想通貨の送金

binanceには日本円をそのまま使っての入金はできません。
送金にはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が必要となるため、まずは国内の取引所などで仮想通貨の準備をはじめましょう。
送金方法は画面上部にある「資産」をチェックし、「預金の引き出し」をクリックします。
すると預金アドレスが表示されるので、コピーするかQRコードを表示するか選びましょう。
示されたアドレス宛てに仮想通貨を送金すれば、binanceへの入金は完了です。
ちなみに出金方法をほとんど同じなので、手順を覚えておくといいでしょう。

売買方法をチェック

binanceでは、仮想通貨のトレード画面を「ベーシック」と「アドバンス」の2種類から選べます。

ベーシックの特徴

バイナンス(Binance) 取引画面

ベーシックは、簡単な取引をしたい人に向いている売買方法です。
表示される画面から仮想通貨ペアを選び、数量と価格を設定するだけでOK。
手数料をBNBトークンで支払うように設定できるので、BNBを所有しているのならこの画面で支払い設定を変更しておくといいでしょう。

アドバンスの特徴

バイナンス(Binance) 取引画面 アドバンス

アドバンスは本格的なトレードを行いたい人に向けられた売買方法で、ベーシックと比べて細かな情報をチェックしやすい画面が特徴です。
テクニカルなチャート分析を行いたい、インジケーターを表示させながら売買をしたい。
そういった目的があるのなら、ベーシックよりもアドバンスがおすすめされます。
実際の取引方法はベーシックと変わらず、通貨ペアを選んで数量と価格を指定すればそれだけで取引可能です。
最初はベーシックで慣れてから、徐々にアドバンスに移行していくのもいいでしょう。

まとめ

Binance

日本国内には魅力的な仮想通貨取引がたくさんあります。
しかし海外にも、負けず劣らずの機能を有している取引所がそろっているのです。
binanceはそんな海外の仮想通貨取引所のなかでも、かなり勢いのある存在として注目されています。
現在不安視されている理由を払拭することができれば、binanceは世界に向けてさらなる躍進を見せてくれるかもしれません。
ぜひ今のうちに、口座開設や売買の方法をチェックしておきましょう。
これまで国内だけで取引を行ってきた人も、binanceは海外デビューの良いきっかけとなりますよ。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です