話題の取引所 「DMM Bitcoin」の魅力と今後への期待をチェック!

DMM bitcoin

仮想通貨の注目度に合わせて、取引所の数やサービスもさらなる充実を見せはじめています。
そんななか大手企業であるDMMが、ついに仮想通貨事業に本格参戦することになりました。

果たしてその魅力や特徴は、既存の仮想通貨取引所にも劣らないものなのでしょうか。
こちらでは今後の発展にも期待できる「DMM Bitcoin」についてご紹介してまいります。
DMM Bitcoinならではの特徴に興味があるのなら、登録前の参考としてみてください。

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinについて

DMM Bitcoinとは、2018年1月から口座開設の申し込みが可能となったばかりの新しい仮想通貨取引所です。
元々DMMは「株式会社東京ビットコイン取引所」といった名前で、2016年11月から取引所の運営を行っていました。

しかし2017年12月に取引所の名称を現在の「DMM Bitcoin」と変更したことが、仮想通貨業界への本格参入を開始する意思表明となっているようです。
DMM Bitcoinとなったことでサービス内容やシステムの強化が行われ、テレビやネットでの宣伝にも力を入れるようになりました。

これまで仮想通貨に興味を持てなかった人も、DMM Bitcoinをきっかけに新規参入が増えるかもしれません。
そういった仮想通貨業界全体への影響も期待されるほど、DMM Bitcoinの存在は既に大きなものになっているといえるでしょう。

DMM bitcoinの特徵は?

新規の取引所だがノウハウが豊富?

DMM Bitcoinはまだ新規の取引所であるため、仮想通貨の知識や運営のノウハウに不安を覚える人がいるかもしれません。

しかしDMMはかねてよりFX取引などの金融事業に参入しているため、仮想通貨の取引所に対するノウハウも十分に持っていると考えられます。

DMMグループ全体で得られた経験を総動員できるため、場合によっては既存の取引所よりも充実したサービスやサポートを受けられるでしょう。

新設された取引所にありがちな「大丈夫だろうか?」といった不安は、比較的感じずに済むことが予想されます。

初心者でも優しい作り

DMM Bitcoinは、これから仮想通貨の取引をはじめる初心者でも使いやすい環境作りに力を入れていることがうかがえます。
非常に簡単な登録作業によってスムーズに取引開始まで進められるのはもちろん、公式サイトやログイン後の画面も見やすく作られているのがポイント。
ハードルが低くなっているので、仮想通貨に限らず株式投資やFXが未経験の人でも安心して使えます。
仮想通貨を利用してみたいけど、海外の取引所や複雑な登録方法しかない取引所は苦手といったユーザーにとって、DMM Bitcoinはぴったりの場所となるでしょう。

DMM Bitcoinを使うメリットは

Bfe6ef4a 4166 42f7 98c4 e22889ae21e5

取引ツールの使いやすさが抜群!

パソコンでの取引はとても簡単

DMM Bitcoinは、全体的に使いやすい取引ツールが大きなメリットとなっています。
パソコン版では細かな情報をまとめたチャートはもちろん、レイアウトを自由に変更できるカスタマイズ性に注目。
大画面での直感的な操作が可能なので、利益重視の本格的なトレードにも対応できます。

スマホでも楽々取引が実現

DMM Bitcoinは、パソコン以外にもスマホアプリでの取引も可能です。
専用アプリがあるのでチャートや通貨ごとの価格変動を見逃すことなく、いつでもどこでも仮想通貨の売買が行えます。
仕事や家事をしながらトレードをしたい人にもぴったりで、いちいちパソコンを起動する手間を省けるのがメリットとなるでしょう。
アプリならワンタッチでの発注も可能なので、価格変動の大きい仮想通貨ではむしろアプリの方がスムーズな取引ができるかもしれません。
パソコンでじっくりと取引したい、スマホで手軽に売買を済ませたい、どちらのユーザーにもおすすめできる臨機応変なシステムこそ、DMM Bitcoinを使用するメリットだといえるでしょう。

豊富な仮想通貨でレバレッジ取引が行える

DMM Bitcoinは、レバレッジが充実した取引所となっています。
証拠金を預け入れることで元手の数倍の額を動かせるレバレッジなら、少額投資でも本格的な利益を狙うことができるので、数回の売買でも十分なプラスを得られるかもしれません。
しかもDMM Bitcoinなら、ビットコイン以外のさまざまなアルトコインにレバレッジをかけることができるのです。

2018年2月現在、DMM Bitcoinでは以下の仮想通貨が取引されています。

・ビットコイン
・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

他所の取引所では「レバレッジをかけられるのはビットコインだけ」といった例も少なくないため、DMM Bitcoinの7種類はかなり魅力的なものだといえます。
既に何度も価格の上昇を経験しているビットコインよりも、ネムやイーサリアムクラシックの方が爆発力に期待できるといった意見もあるようです。
上手にレバレッジをかけられれば、他所の取引所で小さく取引を続けるよりも大きな利益が手に入るかもしれません。

手数料も無料の部分が多い

取引所を利用していると、どうしてもそのたびに必要となる手数料がネックになってきます。
しかしDMM Bitcoinは現物と仮想通貨両方の入出金が無料(マイナーへの手数料は別)となっているので、気軽に取引所を利用することができるでしょう。

もちろん登録やその後の維持も無料なので、今すぐ仮想通貨の取引を行う予定がなくても、とりあえず口座を作成しておくことをおすすめします。

取引中に手数料の負担が気にならないのは、トレードにおける大きなメリットとなるのでぜひチェックしておきましょう。 

今後に期待したいポイント

8dcc6a0e 743f 4cc5 a238 5b576bde6668

現物でも扱える通貨が増えるとグッド

DMM Bitcoinで現物取引ができるのは、2018年2月現在ビットコインとイーサリアムの2つだけとなっています。

その他のコインはレバレッジ取引にしか対応していないので、今後は現物取引への対応通貨が広がっていくことに期待したいですね。

また合わせて日本円⇔仮想通貨だけでなく、仮想通貨同士のトレードも充実してほしいところです。
保有している通貨を別の通貨にトレードできるようになれば、それだけで売買の幅が広がることでしょう。

DMM Bitcoinがその辺りの通貨事情をどう捉えているのか、今後の展開で見極めていくことが重要です。

サーバーの安定度や通貨の流動性がどうなるか

DMM Bitcoinの歴史ははじまったばかりなので、まだまだ安定度や市場の活発さに実績がありません。
もう少し時間が経ってサーバーが簡単には落ちないことが実証されたり、仮想通貨の売買が活発に行われていることが確認できれば、その評価は上々となるでしょう。
現段階ではネームバリューの力が大きいので、いかにして取引所としての価値を証明していくかがカギとなります。
新設後かなりたくさんのユーザーが、口座開設の申し込みを行っているとのこと。
このタイミングで不具合やサポート上のミスを犯さなければ、DMM Bitcoinは安心して使える取引所として太鼓判を押していいのかもしれません。

ユーザー数がポイントになる

仮想通貨の取引には、売買を行ってくれる相手がいなければはじまりません。
そのためいくらサービスが便利であっても、肝心の人がいなければ取引所としての評価は低くなってしまうでしょう。
いかにして取引所内で売買を行うユーザーを集めるかが、DMM Bitcoinの今後の目標となることは間違いありません。
いつでも不自由なく売買が行えるようになれば、レバレッジや取引ツールの魅力によって、DMM Bitcoinがいっきに人気取引所となる可能性もあります。
宣伝には力をいれているようなので、今後もDMM Bitcoinの名前が広がっていくことに期待したいですね。

まとめ

DMM Bitcoinは新規の取引所のなかでも、注目度ナンバー1だといっていいかもしれません。
その充実したサービスと使いやすさが広まっていけば、国内でも有数の仮想通貨取引所となり得るでしょう。
これから仮想通貨を取り扱う人はもちろん、現在他の取引所を使いながら不満を感じている人も、これを機にDMM Bitcoinの魅力をチェックしておくことをおすすめします。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です