GMOコインはお得!?手数料についてまとめてチェック!

GMOコイン

仮想通貨取引所選びの際に、大きなポイントとなるのが手数料です。
さまざまなサービスを提供してくれるけれど、手数料が高くつくとなると、少し利用を考えてしまうことでしょう。
今回は国内の大手取引所「GMOコイン」の手数料をチェックして、その特徴とメリットを探ってみます。
GMOコインが気になっている人は、手数料からその評判をチェックしてみましょう。

GMOコインの基礎知識

GMOコインとは

GMOコインは、2016年10月に設立された日本国内に拠点を持つ仮想通貨取引所です。
資本金は7億円以上、運営を行っているGMOコイン株式会社は「GMOインターネット株式会社」のグループ組織となっています。
東証一部に上場している企業がバックにいることは、ユーザーにとっての安心感につながると評判です。
また金融サービスによる実績もあるため、他の取引所よりも充実したサポートを行ってくれることも。
数々の取引所が存在する日本国内でも、かなり優秀な取引所の1つだといえるでしょう。

GMOコインってどんな取引所?特徴や評判を徹底解説!

2018.02.18

販売所形式を取っている

仮想通貨はユーザー間で売買を行う「取引所」と、ユーザーと企業が売買を行う「販売所」の2種類があります。
GMOコインは「販売所」を運営しているため、企業側の提示する金額でユーザーが必要な仮想通貨を売買するスタイルとなっています。
あらかじめその時点での価格が決まっているため、利用者は仮想通貨の数量を設定するだけですぐに売買が成立するのがメリットです。
一方販売所はユーザー間の取引よりも割高になるケースが多く、細かなトレードで利益をあげたい人には不向きなシステムであるともいえます。

万全のセキュリティ体制

セキュリティ

仮想通貨の取引所には、高性能のセキュリティ体制が欠かせません。
GMOコインはその点しっかりとした体制を取っていることをアピールできているので、安心して売買を行うことができます。
コールドウォレットによる仮想通貨の管理や、マルチシグでの秘密鍵の取扱いは、現在の最低限であり最高峰のセキュリティ体制です。
またGMOコインは預かった顧客資産と会社の保有している資産が別々に管理されているため、悪用される心配がないのもポイント。
安心できる取引環境を求めるユーザーが増えてきていることから、今後もGMOコインの価値は高まっていくことでしょう。

最短1日で取引がはじめられる

25b02d68 486a 4a93 8df0 25b2ed8a42c2

GMOコインは口座開設の申し込み後、早ければ翌営業日には審査が完了するほどスピーディーな取引所として有名です。
取引所によっては書類審査に時間がかかり、売買をしたくてもなかなかはじめられないといったパターンもめずらしくはありません。
その点GMOコインは素早い対応をしてくれるので、仮想通貨熱が高まっている瞬間に取引を開始できるでしょう。

GMOコインの手数料について

Bf5bc54e e2ed 403e a4dd d30831ef2572

入出金手数料のほとんどが無料

入金にかかる手数料

GMOコインで仮想通貨を売買するには、日本円か仮想通貨を入金する必要があります。
2018年現在、GMOコインでの入金手数料は以下のようになっています。

・日本円
即時入金:無料
振込入金:振込手数料はユーザー負担

・仮想通貨
基本的に無料(マイナーに支払う手数料はユーザー負担)
 

出金にかかる手数料

2018年2月現在、出金に関する手数料は日本円も仮想通貨も無料となっています。
いつでも好きなタイミングで出金できるため、急に日本円が必要となったときや、別のウォレットに仮想通貨を移す際にも問題なく利用できるでしょう。

取引手数料もお得!

 

仮想通貨現物売買にかかる手数料

現物取引とは、日本円と仮想通貨のトレードを意味します。
2018年2月現在、GMOコインでは現物売買にかかる手数料はすべて無料なので、複数回の取引でも手数料の負担を気にしなくてOKです。
ビットコインもその他のアルトコインも無料であるため、現物取引をメインとしたユーザーにとってGMOコインはおすすめできる取引所だといえるでしょう。

仮想通貨FX取引にかかる手数料

レバレッジをかけて取引できる仮想通貨FXの場合、現物取引とはちがった手数料が必要となってきます。
新規注文と決済注文、ロスカットにかかる手数料は無料ですが、建玉を翌営業日に持ち越した場合は金額の0.05%が手数料として必要です。
日を越えてFX取引を行う際には、その分の手数料がかかることを承知しておきましょう。

スプレッドも要チェック

スプレッドとは、販売所の「売り」と「買い」の間に存在する価格差のことをいいます。
この価格差があるため、買ってすぐに売ってもスプレッドによるマイナスが発生してしまうのです。
スプレッドは実質の手数料として捉えられることがあり、スプレッドが大きいほど手数料が高いと表現されます。
しかもスプレッドは常に一定ではなく、仮想通貨の価格変動に合わせて変わっていくのが普通です。
そのためGMOコインで取引をする際には、スプレッドの上下にも気を配っておくといいでしょう。
上手くスプレッドの低いときをつかむことが、販売所での売買をお得にするポイントになりますね。

GMOコインの手数料はどのような評価?

1f013a78 545d 4bef 8cb9 697c1d96590d

日本円の即時入金が無料なのは大きい

仮想通貨の売買に利用する日本円は、銀行振込と即時入金に対応しています。
多くの場合はすぐに入金が反映される即時入金の方がメリットが大きいので、無料で利用できるGMOコインの評価は高くなっているようです。
楽天銀行・住信SBIネット銀行・Pay-easyから利用ができるので、即時入金のためにいずれかの銀行口座を作っておくといいでしょう。
入金に時間がかかればかかるほど機会損失となるので、素早く入金できるシステムがあるなら積極的に利用していくべきです。
操作も非常に簡単なので、素早く日本円を入金したいときは手数料無料の即時入金をおすすめします。

スプレッドを見極めることが必要

GMOコインで売買するなら、スプレッドをチェックしないわけにはいきません。
少しでもスプレッド幅が小さいタイミングで取引できるように、常日頃価格差には注目しておきましょう。
GMOコインのスプレッドは最大と最低が設定されているので、まずはそのときの設定値を見極めることが先決です。
またFX取引の場合や、仮想通貨の種類でもスプレッドは変わってくるので、最初のうちは取引予定の通貨だけをチェックするだけでもOK。
上手にスプレッドを活用できている人にとってはGMOコインの評判は上々となっているので、スプレッドと上手く付き合っていく術を身につけましょう。

仮想通貨取引の初心者におすすめ

初心者

GMOコインは販売所型式で取引を行っているため、いつでも必要なときに仮想通貨を売買できます。
その即時性は仮想通貨取引の初心者におすすめとなっていて、まだトレードに慣れないうちは大変便利に使えることでしょう。
おまけにGMOコインなら販売所での売買手数料が無料なので、取引の完了スピードを気軽に体験できます。
何度も繰り返し売買を行うことは、仮想通貨を生活に近づける大切なプロセスです。
手数料無料のGMOコインでなら、より気楽に仮想通貨売買をできるので、評判が高くなるのもうなづけますね。

まとめ

GMOコインは、さまざまなメリットを持つ仮想通貨取引所です。
そしてそのメリットは、手数料の面でも発揮されているようで、多くのユーザーを獲得する理由となっているのでしょう。
取引や入出金にかかる手数料を少しでも軽減したい、なるべく手数料のことを気にせず取引がしたい、そんなユーザーの期待にGMOコインはきっと応えてくれます。
登録はとても簡単かつスピーティに終わるので、これを機にGMOコインの利用をはじめてみてはいかがでしょうか。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です