世界最大級の取引所Poloniex(ポロニエックス)。お得にアルトコインが手に入る?

Poloniex

仮想通貨を運用していると

  • いろんなアルトコインを持ってみたい…
  • 取引の手数料を抑えたい…

って思った人は多いのではないでしょうか?

そんなに人におすすめしたいのが、「ポロニエックス(poloniex)」です。

日本でいうビットフライヤーやコインチェックのようにビットコインやアルトコインを扱う取引所の1つです。

またアメリカにある世界最大級の取引所と言われ、手数料の安さと取り扱っているコインの種類の豊富さから多くの仮想通貨ユーザーから注目されています。

ぜひこの機会にポロニエックスを勉強して、検討してみましょう。

ポロニエックスの概要

会社名 poloniex, Inc
設立 2014年1月
Founder and CEO Tristan D’Agosta
本社所在地 Wilmington, DE, USA
公式サイト  https://poloniex.com/

ポロニエックスは、アメリカにある仮想通貨の取引所です。2014年1月に設立され、今では世界最大級の取引所となりました。

ポロニエックスの特徴

ポロニエックスには3つの特徴があります。

  • アルトコインの取引量世界No.1
  • 取り扱いアルトコインの数が多い
  • 手数料が安い

順番に説明していきます。

ポロニエックスの特徴① アルトコインの取引量世界No.1

ポロニエックスの利用目的はビットコインとアルトコインの取引が最たるものと言えます。ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインが欲しいという方におすすめの取引所です。

ただし、基軸通貨(日本円やドル)での取引はできません。

そのため基本的には

  1. ビットフライヤーなどの日本円を扱う販売所や取引所でビットコインを入手
  2. ビットコインをポロニエックスのウォレットに送金
  3. ビットコイン使ってアルトコインを手に入れる

といった手順が必要になります。

ポロニエックスの特徴② 取り扱いアルトコインの数が多い

国内最大アルトコイン取り扱い数の取引所であるコインチェック(coincheck)ですら13種類ですが、ポロニエックスでは約70種類もの数のアルトコインを取り扱っています。(2017年12月現在)

ポロニエックスの特徴③ 手数料が安い

ビットコインを所持しているのであれば他の取引所と比較してかなり安くアルトコインを手に入れることができます。

国内の取引所ではアルトコインの売買が割高です。その理由はアルトコイン購入相手が企業(例:コインチェック)であり、割高の値段で販売されているからです。

しかしポロニエックスでは、取引がP2P(個人同士)であるために、アルトコインが安い手数料(0%~0.25%)で手に入ります。これにより日本でも多くの方々が利用しています。

ポロニエックスの取り扱い仮想通貨

 

      • Synereo AMP(AMP)
      • Ardor(ARDR)
      • Bitcoin Cash(BCH)(ビットコインキャッシュ)
      • Bytecoin(BCN)
      • BitCrystals(BCY)
      • Bela(BELA)
      • BlackCoin(BLK)
      • Bitcoin(BTC)(ビットコイン)
      • BitcoinDark(BTCD)
      • Bitmark(BTM)
      • BitShares(BTS)
      • Burst(BURST)
      • CLAMS(CLAM)
      • Civic(CVC)
      • Dash(DASH)(ダッシュ)
      • Decred(DCR)
      • DigiByte(DGB)
      • Dogecoin(DOGE)(ドージコイン)
      • Einsteinium(EMC2)
      • Ethereum Classic(ETC)(イーサリアムクラシック)
      • Ethereum(ETH)(イーサリアム)
      • Expanse(EXP)
      • Factom(FCT)(ファクトム)
      • FoldingCoin(FLDC)
      • Florincoin(FLO)
      • GameCredits(GAME)
      • Gas(GAS)
      • Gnosis(GNO)
      • Golem(GNT)
      • Gridcoin Research(GRC)
      • Huntercoin(HUC)
      • LBRY Credits(LBC)
      • Lisk(LSK)(リスク)
      • Litecoin(LTC)(ライトコイン)
      • MaidSafeCoin(MAID)
      • NAVCoin(NAV)
      • Neoscoin(NEOS)
      • Namecoin(NMC)
      • Nexium(NXC)
      • NXT(NXT)
      • OmiseGO(OMG)
      • Omni(OMNI)
      • PascalCoin(PASC)
      • Pinkcoin(PINK)
      • PotCoin(POT)
      • Peercoin(PPC)
      • Radium(RADS)
      • Augur(REP)(オウガー)
      • Riecoin(RIC)
      • Steem Dollars(SBD)
      • Siacoin(SC)
      • STEEM(STEEM)
      • Storj(STORJ)
      • Stellar(STR)
      • Stratis(STRAT)
      • Syscoin(SYS)
      • Tether USD(USDT)
      • Viacoin(VIA)
      • VeriCoin(VRC)
      • Vertcoin(VTC)
      • BitcoinPlus(XBC)
      • Counterparty(XCP)
      • NEM(XEM)(ネム、ゼム)
      • Monero(XMR)(モネロ)
      • Primecoin(XPM)
      • Ripple(XRP)(リップル)
      • Vcash(XVC)
      • Zcash(ZEC)
      • 0x(ZRX)

現在メジャーな仮想通貨の他にも、様々なアルトコインの取引が可能です。まだ取引量の少ないマイナーなアルトコインも扱っているためその数、70種類(2017年12月現在)にも上ります。

ポロニエックスの登録/口座開設の方法

ポロニエックスは英語のサイトですが、心配はありません。

登録や口座開設の方法は国内取引所と同じく簡単だからです。

アカウント開設には2段階があり、その段階によって出金限度額が変わります。
以下の通りに成ります。

      • 1段階 1日2,000ドルまで出金が可能
      • 2段階 1日25,000ドルまでの出金が可能

多額の投資をする方には2段階までのアカウント開設をオススメします。

なお日本国内の取引所と違い、1段階のアカウントであれば本人確認書類(運転免許証やパスポート)なしで取引が出来ます。

ポロニエックスの手数料

下記のように、取引量によって階層が別れており、取引額の多いユーザーほど手数料が安くなる仕組みとなっています。

Maker        Taker        最近30日間の平均取引額
0.15%        0.25%        <600BTC
0.14%        0.24%        ≧600BTC
0.12%        0.22%        ≧1,200BTC
0.10%        0.20%        ≧2,400BTC
0.08%        0.16%        ≧6,000BTC
0.05%        0.14%        ≧12,000BTC
0.02%        0.12%        ≧18,000BTC
0.00%        0.10%        ≧24,000BTC
0.00%        0.08%        ≧60,000BTC
0.00%        0.05%        ≧120,000BTC

※Maker :注文者、注文を出す人 Taker:注文者から買う、もしくは売る人

ここで言う「Maker」「Taker」とは…

      • Maker   :板に並ぶ注文を作る人(価格より低い買値を提示/価格より高い売値を提示)
      • Taker    :板の注文を取る人(価格より高い買値を提示/価格より低い売値を提示)

指値注文は大体Maker、成行注文は必ずTakerになるというイメージです。

日本の取引所だとアルトコインの取引手数料が2%ほどかかるので、アルトコインはポロニエックスで取引するほうが圧倒的にお得になります。

ポロニエックスの機能

ポロニエックスでは

      • ポロニエックスの機能① 仮想通貨の入出金
      • ポロニエックスの機能② 仮想通貨の売買
      • ポロニエックスの機能③ 仮想通貨のマージン取引
      • ポロニエックスの機能④ 仮想通貨のレンディング

上記の4つのことができます。

ポロニエックスの機能① 仮想通貨の入出金

入金については上記の通り日本円・ドル共に扱っていないので、全て仮想通貨のみの入金となります。

英語なので戸惑うかもしれませんが、操作自体は簡単ですのですぐに慣れます。

※入金先アドレスを間違えると送った通貨が消えてしまう場合があります。ビットコインではなくイーサリアムのアドレスに送ってしまった、などということがないようにしましょう。

ポロニエックスの機能② 仮想通貨の売買

入出金と同じく仮想通貨のみでの取引となります。

      • BTC(ビットコイン)
      • ETH(イーサリアム)
      • XMR(モネロ)
      • USDT(テザー)

この4つの通貨であれば、他のアルトコインを購入することができます。しかしビットコイン以外は購入可能な通貨が限られていますので注意が必要です。

手数料は上記の通り0%~0.25%とかなり安いです。

自分の希望の買値や売値で注文を出しておくと楽に取引ができるのでオススメです。

ポロニエックスの機能③ 仮想通貨のマージン取引

ポロニエックスでは通常の現物取引に加えてレバレッジを利かせたマージン取引(信用取引)ができます。すなわち、手元資金よりも大きな金額の取引ができます。

借り入れ相手        P2P(個人端末同士) ※ポロニエックスではない
レバレッジ         2.5倍
取引通貨          ビットコイン建取引のみ

ポロニエックスの機能④ 仮想通貨のレンディング

上記のポロニエックスのマージン機能を使っているトレーダーに通貨を貸し、利息を受け取ることができるというもの。

全通貨でレンディングが可能です。期間は最大2日で、期間を過ぎると利息付きで返却されます。その際に利息の15%がポロニエックスの手数料として引かれます。

まとめ

以下の内容でご説明してきました。

      • ポロニエックスの概要
      • ポロニエックスの特徴
      • ポロニエックスの取り扱い仮想通貨
      • ポロニエックスの登録/口座開設の方法
      • ポロニエックスの手数料
      • ポロニエックスの機能

ポロニエックスは様々なアルトコインの取引をするのであれば大変おすすめな取引所です。

英語が分からないという方でも、実際に取引の仕方だけさえ分かればあとは数字を見るだけなので、すぐに慣れる事ができると思います。

仮想通貨の取引に慣れてきて、国内取引所で取り扱っていないアルトコインを買いたいと考えている方や、国内の販売所で割高のアルトコインを買いたくないと思う方にはポロニエックスはピッタリでしょう。

ぜひこれを期に検討してみてください。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です