仮想通貨(ビットコイン) 取引所ランキング&選び方のコツ

仮想通貨取引所ランキング

2017年は仮想通貨ブーム元年になる、といわれていました。

年末になってやや、その勢いが落ち着いてきた印象はありますが、一時はビットコインが高騰し、1BTCが200万円以上を記録するなど、ほぼその言葉通りの展開になったといえるのではないでしょうか。

ビットコインの名前は知っているけど、実際にお金を使って取引をしたことはない。

まだまだ世の中には、そういった人がたくさんいるかもしれません。

ビットコインなどの仮想通貨を取引するには、取引所と呼ばれる場所に登録するのが一般的です。しかし取引所にはたくさんの種類があるため、選ぶのが意外と難しいことに気づかれるでしょう。

こちらではそんな仮想通貨の基本である取引所の特徴と、見るべきポイントについてご紹介します。

ここでは編集部おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。

目次

取引所が必要な理由とは

そもそもなぜ取引所が必要なのでしょうか。
取引所はビットコインやその他のアルトコインを売買するためのプラットフォームです。
プラットフォーム(取引所)がなければビットコインを購入するときに、ネット上で購入することができず、友人、知人からしか購入することができません。そのため、取引所が必要になります。

仮想通貨には取引所と販売所がある

仮想通貨取引所と販売所の一番の違いは、仮想通貨を「誰から購入するか」というところです。

販売所の場合、仮想通貨を売る主体は、その販売所を運営している会社になります。

取引所の場合は、(誰かはわからないが)仮想通貨を売りたいと考えている人からになります。

たとえるなら商品をAmazonで購入するのが販売所、メルカリで購入するのが取引所、といえばわかりやすいでしょうか。

販売所の場合のメリットはあらかじめ会社側が値段を示してくれるので、その代金を支払えば、ある程度自分の欲しい数を購入することができます。

取引所の場合は、ビットコインを1BTC=160万円で10BTC購入したいと思った時に、それに応じてくれるビットコイン所有者がいれば購入が可能です(「BTC」はビットコインの単位)。

しかし、ビットコインを1BTC=180万円で販売したい、あるいは1BTC=160万円で売ってもいいが、5BTCしかもってないよ、というのであれば購入できないことになってしまいます。

ただし販売所は、会社なので当然ですが、「安く買って、高く売る」のが基本です。

仮想通貨を購入する場合には割高になりますし、反対に販売する割安になります。

実際の価格ではどれぐらいの差が?

どれぐらい差があるのか、実際の価格でチェックしてみましょう。

仮想通貨取引所大手の「ビットフライヤー」では、販売所と取引所の両方の取り扱いを行っていますが、2017年12月25日午前8時時点では、販売所の価格は1BTC=1,645,386円でした。

一方、取引所の価格は1BTC=1,610,000円なので、その差額は35,386円となります。

1BTCという価値は同じと考えればこの差は結構大きいと感じるのですが、いかがでしょうか。

日本の仮想通貨取引所にはどんなところがある?

52028c05 c476 4452 984a 5b5861bae0c5

平成29年4月1日から、「仮想通貨」に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要となりました。まずは金融庁に仮想通貨交換登録業者として登録がされた取引所をご紹介します。

(2017年9月登録)

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • 株式会社bitFlyer
  • ビットバンク株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社

 

(2017年12月登録)

  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社東京ビットコイン取引所
  • 株式会社ビットアルゴ取引所東京
  • エフ・ティ・ティ株式会社
  • 株式会社Xtheta
  • 株式会社BITOCEA

 

9月29日に金融庁が最初の登録業者11社を発表した際、17社が継続審査中というアナウンスがなされました。

おすすめ仮想通貨取引所を一覧で紹介!

2018.02.21

仮想通貨取引所を選ぶポイント

まだまだ開始したばかりとはいえ、たくさんの取引所があるので迷ってしまう、という方もいらっしゃるでしょう。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、次のポイントを押さえておきましょう。

  • 安全性
  • セキュリティがしっかりしているか
  • 使い勝手の良さ
  • 手数料の安さ
  • 簡単にはじめられるか
  • 取り扱っている仮想通貨の種類
  • ビットコインの流通量とユーザー数
  • そこにしかない独特のサービスがあるか

それでは、それぞれのポイントについて解説していきましょう。

安全性

まずは運営している会社自体の安全性が大事です。
その会社の実態が怪しいものであれば安心して投資していくのは困難なことはいうまでもありません。

仮想通貨関連の事件として有名なマウントゴックス事件では、社内の人間、それも社長自身が顧客のビットコインを横領していたという企業のコンプライアンス云々以前のような会社もありました。

運営している会社の資本金や、出資元、親会社などが目安になるので、事前にチェックしておきましょう。
また、万一の場合に備えて盗難補償を開始する会社も増えてきたので、そういったバックアップがある会社の方が安心ですね。

セキュリティがしっかりしているか

ビットコイン取引所は多くのビットコインを所有しているため常にハッキングのリスクを抱えています。また、ハッキングされた場合、ユーザーへの補填などはないためユーザーは泣き寝入りするしかありません。そのため各取引所がどのようなセキュリティ対策を行っているのかを事前に確認しておきましょう。

簡単に登録ができても、セキュリティ体制に不安がある取引所にお金を預けるのは心配ですよね。しっかりとしたセキュリティが整っているかどうかも、取引所選びの重要ポイントです。

2段階認証などのシステムを導入している場所なら、取引に集中することができるでしょう。また最近は、不正ログインやアカウント詐欺による損害を補償してくれる取引所も増えてきています。

セキュリティ面で確認する項目は下記の通りです。

コールドウォレット

オンラインにつながっていないオフラインでBTCを保管しているかを確認しましょう。
オフラインでBTCを保管していることでハッキングのリスクを減らすことができます。主に紙やデバイスで保管されることが多くあります。

ビットコイン始めたい人必見!あなたが作るべきおすすめのウォレットとは?

2018.02.14

マルチシグウォレット

ビットコインのアドレスで1からはじまるアドレスはシングルウォレットで1つのアドレスに対して1つの秘密鍵が存在します。シングルウォレットに対して複数の秘密鍵が存在するウォレットがマルチシグウォレットです。
秘密鍵が複数になるためセキュリティが非常に高くなります。

二段階認証ログイン

取引所のサイトにログインする際に、二段階以上の認証を必要としている状態のことです。例えばIDとパスワードを入力した後に、登録したメールにコードが送られてきて、コードを入力することでログインを可能にするなどの対策を二段階認証ログインといいます。
二段階認証はほとんどの取引所が採用しています。

使い勝手の良さ

デイトレーダーの方でもない限り、日常生活において仮想通貨の値動きをチェックするならスマホのアプリに頼ることになるでしょう。

各社ともスマホのアプリをリリースしていますが、使い勝手においてはまちまちです。

もちろん個人差はあるので、実際にアプリをダウンロードして試してみるしかないのですが、コインチェックやビットフライヤーのアプリは使い勝手が非常によく、人気の取引所となっているのもうなずけますね。

 

手数料で比較

代表的な仮想通貨・ビットコインの取引所・販売所の手数料まとめ

2018.02.21

取引所への登録事態は無料であることがほとんどですが、その後の取引には別途手数料が発生する場合があります。
仮想通貨を購入して長期間保有するつもり、という方は関係ないかもしれませんが、多くの方は途中で仮想通貨を買い足したり、あるいは売却したりするはずです。

手数料も高いところ安いところを比較すると、その差が数十倍にもなるといわれています。
一度取扱所を決めてしまうと、なかなか他の取扱所に変更しなくなりがちなので、最初に手数料の安さはチェックしておいた方がよいでしょう。

初心者のころは取引で大きな利益を上げることが難しいため、些細な手数料でも痛手となるでしょう。

実際にどれくらいの手数料がかかるのかは、事前に確認しておいてください。
なかには手数料が無料という取引所もあるので、たくさん取引をしたいのなら結果的に資金に余裕を持たせられるかもしれませんよ。

ビットコイン取引における手数料は下記の通りです。

入出金手数料

各取引所に円を入金、出金する際にかかる手数料です。取引所に入金する場合は指定銀行への入金が必要になるため同行での入金の方がお得になる場合もあります。
また、クレジットカードでの入金やクイック入金など振込以外の入金方法も確認しておきましょう。

通貨間取引手数料

通貨間取引は円とBTCを売買する際にかかる手数料です。売買を多く行う場合は小さな手数料が積み重なるため、特に注意した方がよいでしょう。
また、通貨ペアによっても手数料が変わる場合があるため、各取引所の通貨ペアごとの手数料を確認しましょう。

 

Bf5bc54e e2ed 403e a4dd d30831ef2572

簡単にはじめられるか

取引所を利用するには、アカウント登録や口座開設が必要となります。
そういった初期の手続きが簡単に行えるものを選べれば、スムーズにビットコインの取引までたどり着くことができるでしょう。
登録が簡単な取引所には、多くのユーザーがいる可能性が高いのもポイントです。
たくさんのユーザーによる活発な取引が行われていれば、多くの取引チャンスに巡り合うことも難しくありません。
実際に取引ができるようになるまでどれくらいの時間がかかるのかは、ぜひチェックしておきたい項目です。

 

取り扱っている仮想通貨の種類

ビットコインをメインに取引をするとしても、複数の仮想通貨がある方が後々役に立つことでしょう。
取引所ごとに取り扱っている仮想通貨はちがうので、登録前に種類をチェックしておくことをおすすめします。
ビットコインキャッシュやイーサリアムといった有名なものから、その他のアルトコインまでそろえているような取引所なら、今後も長く利用し続けることができるかもしれません。
勉強にもなるため、なるべくなら仮想通貨の種類が豊富な場所を選ぶといいでしょう。
仮想通貨のメインはまだまだビットコインですが、その他の通貨が今後爆発的に伸びる可能性も捨てきれません。
せっかく利益を得られるチャンスを棒に振らないためにも、仮想通貨の種類にはこだわっておきたいですね。

ビットコインの流通量とユーザー数

取引所のなかで、どれくらいのビットコインが流通しているのかもポイントです。
たくさんの取引を行いたくても、実際にビットコインが取引所に出回っていなければ意味がありません。
そして流通量と合わせて、取引所内のユーザー数にも注目です。
自分とトレードを行ってくれるユーザーが多ければ多いほど、ビットコインの取引は活性化します。
あまり閑散としている取引所よりも、にぎやかな取引所を選ぶことは鉄則だといえるでしょう。

通貨ペアの種類で比較

ビットコイン取引以外にもアルトコインの取引を行いたい場合はどんな通貨ペアで取引ができるのか比較してみましょう。
通貨ペアが限定されている場合、他の取引所などを利用して取引する必要が出てくるため、手間や余分な手数料が発生することになります。

資本金や実績で比較

取引所の資本金や提携会社、株主などで比較しましょう。
取引所に保管しているビットコインなどの仮想通貨は取引所が潰れてしまった場合、資産が戻って来ない可能性が高く非常にリスクを伴います。

そこにしかない独特のサービスがあるか

取引所には、独特のサービスを展開していることがあります。
自分にとって魅力的なサポートや特典があるのなら、取引所選びのきっかけにしてもいいでしょう。
電話サポートやマイナス手数料、取引が行えるアプリなどサービスの種類はさまざまです。
好みの問題もあるので、1度自分が何を重視しているのか、じっくりと考える時間を持ってみてはいかがでしょうか。
取引所独自のサービスを上手に利用できれば、ビットコインの利用はさらに快適なものとなりますよ。

当サイトで実際に選ばれている「仮想通貨取引所」ランキング

【1位】 bitFlyer

ビットフライヤーの設立は2014年1月、日本で最初の仮想通貨取引所です。
多くの大企業から出資を受けており、資本金も41億と最大規模となっています。

ここに注目!

  • 盗難補償制度がある(日本円のみ、500万円まで)
  • 使いやすいアプリ

総合評価1位

bitFlyerの基本情報

運営会社株式会社bitFlyer
設立2014 年 1 月 9 日
事業内容仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
資本金41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役 加納裕三
取締役 CTO小宮山峰史
本社所在地〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
登録仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00003号)
お問合せhttps://bitflyer.jp/contactpage
主要取引銀行三井住友銀行
会計監査人新日本有限責任監査法人
株主加納裕三、小宮山峰史、国内・海外ベンチャーキャピタル、国内事業会社

会社アクセス

bitFlyerの特徵

運営元(国)日本
口座開設無料
取扱い通貨7
アプリiPnone,android
入金方法銀行,コンビニ,ペイジー,クレカ
出金手数料216円~756円
レバレッジ最大15倍
注文機能あり
安全度,セキュリティ

【2位】 Zaif

日本のテックビューロ株式会社が運営する取引所です。

ここに注目!

  • 取引手数料が安い
  • 積立サービスが用意されている
  • トークンの種類が豊富

総合評価2位

Zaifの基本情報

運営会社テックビューロ株式会社
設立2014年6月16日
資本金8億3,013万円(資本準備金含む)
代表取締役 朝山貴生
アドバイザー
リーガルアドバイザー:増島雅和
(森・濱田松本法律事務所)
本社所在地大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
登録仮想通貨交換業者登録(登録番号 近畿財務局長 登録番号00002号)
メディア掲載歴こちらからご覧頂けます。
株主朝山貴生、朝山道央、日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合(代表:村口和孝、略称NTVP)

Zaifの特徵

運営元(国)日本
口座開設無料
取扱い通貨7
アプリiPnone,android
入金方法銀行,コンビニ,ペイジー,クレカ
出金手数料216円~756円
レバレッジ最大15倍
注文機能あり
安全度,セキュリティ

【3位】 DMM bitcoin

ここに注目!

  • 取引ツールの使いやすさが抜群!

  • 豊富な仮想通貨でレバレッジ取引が行える

  • 手数料も無料の部分が多い

総合評価3位

DMM bitcoinの基本情報

運営会社株式会社 DMM Bitcoin
事業内容仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
設立2016年11月7日
資本金12億9000万円
役員一覧代表取締役 田口 仁
取締役 木下 剛
取締役 日暮 正樹
監査役 小澤 公一
本社所在地〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
登録仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者))

DMM bitcoin

の特徵

運営元(国)日本
口座開設無料
取扱い通貨7
アプリiPnone,android
入金方法銀行,クイック入金
出金手数料無料
レバレッジ最大5倍
注文機能あり
安全度,セキュリティ

取引所を複数利用するのはあり?

4ea70c01 061a 4036 9e22 3c08901b19fa

そこでしか買えない通貨やトークンのために登録しておく

上記でも説明したように、取引所ごとに取り扱っている仮想通貨は変化します。
普段はビットコインだけで取引をしている人も、いつか別の仮想通貨にも触れてみたいと考えることがあるかもしれません。
そういったとき複数の取引所に登録しておけば、そこでしか扱っていない通貨も運用することができるでしょう。
特にトークンなど一部の特殊な仮想通貨は、取扱っている場所が限定されます。
今後のことも考えて、複数の取引所を利用するのは一般的にもおすすめです。

リスクを分散させるには有効

取引所はどこも安心安全を謳っていますが、突然の閉鎖などのリスクがないわけではありません。
1つの取引所だけにこだわっていると、まとめて財産を失ってしまう危険性も考えられるのです。
いざというときのためにも、複数の取引所にビットコインを分散させておくのは有効なリスク対応だといえます。
取引所のサーバーダウンや不正送金といったトラブルにみまわれても、あらかじめ別の取引所を持っていれば普段通り取引を続けることが可能です。
長期的な運用を考えるのなら、リスクヘの対応方法にも頭を使うようにしましょう。

アービトラージを狙ってお金を稼ぐのなら重要

取引所でのビットコインの価格は、それぞれ微妙に異なっています。
この価格差を利用して利益を得る方法を、アービトラージと呼ぶのです。
たとえばある取引所で100円で購入したビットコインが、別の取引所では110円で売却できるとします。
最初の取引所から別の取引所にビットコインを送金して売却すれば、10円分の利益を得られるのがわかるでしょう。
送金のための手数料を考慮する必要はありますが、アービトラージを狙った利益追求はとても単純なので初心者にもおすすめできます。
複数の取引所に登録しておけば、簡単な送金だけでお金を稼げるかもしれませんよ。

販売所と取引所は全然ちがう?

Ab0346c3 709b 4c17 9afb 9eebff1ef487

販売所と呼ばれる場所でも、ビットコインの取引を行うことはできます。
取引所とは売り買いのメリットがちがってくるので、仮想通貨をやりとりするなら両方の良い面を知っておきましょう。

仮想通貨が確実にほしいのなら取引所よりも販売所

販売所では、企業を相手に仮想通貨の売買が行えます。
個人同士でのトレードをメインとする取引所との、1番のちがいだといえるでしょう。
取引所では双方が希望する価格が一致しなければ、売買は成立しません。
一方販売所では企業が提示する金額に対して、自分自身が納得できるかどうかだけがポイントとなるので、確実に仮想通貨の売買を行いたい場合にはこちらの方が推奨されます。
売買方法が非常にシンプルなので、ビットコインを扱いはじめたばかりの初心者は、販売所をメインとしてもいいでしょう。

値が動きやすいビットコインでは重要な存在

販売所の値段は取引所よりも割高なことが多く、一見するとメリットが少ないように思えます。
しかし突然価格が暴落することがあるビットコインを取り扱うのなら、「確実に売れる」メリットはいざというときに役立つでしょう。
個人が相手の取引所だと、価格が下がっているときにはなかなか思うように取引が成立しなくなります。
しかし販売所は自分がその値段に同意さえすれば、すぐにでも売却が可能です。
リスクを考慮するのなら、取引所だけでなく、販売所での売買にも慣れておくことをおすすめします。

まとめ

取引所選びは、ビットコインを扱うために行う最初の作業です。

仮想通貨取引所については、まだ歴史も浅いこともあって、それぞれの取引所には一長一短があることが理解いただけたかと思います。

複数の仮想通貨の口座をもつことは、セキュリティを保つためにも有効です。

さらに、bitflyerのアプリを見ながら、取引はzaifで行うなど、それぞれのメリットを活かして、組み合わせて利用してみるのもよいでしょう。

最初だからこそ大切に、しっかりとした知識を持って臨まなければならないでしょう。
初心者の方は上記のような情報を参考にして、自分にぴったりの取引所を探してみてください。
納得のいく取引所を利用できれば、自然とビットコインの扱いを楽しめるようになりますよ。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です