ビットコインの相場に影響を与える「Segwit」って何?

bitcion

2017年8月24日、ビットコインにSegwitが無事行われました。

これによりビットコインのシステム上の問題から起きていた手数料の上昇や送金の遅延にも改善されていく目処が立ったようです。

Segwitは、ビットコインの取引価格に大きな影響を与えます。

そのためビットコインを持っている方とってはSegwitについてしっかりと理解しておきたい情報の1つです。

しかし、意外と理解するのが難しいSegwit。

そこで今回はSegwitについて分かりやすく解説していきます。

ビットコイン投資を始めようと思っている方、始めたばかりの初心者の方にとって今後の運用に必要な知識となりますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

ハードフォーク?ソフトフォーク?

Segwitの説明に入る前にハードフォークとソフトフォークの知識が必要です。

ハードフォークとソフトフォークは「仮想通貨のアップデート」のことを指します。

アップデートという言葉は日常的に良く耳にしますが、簡単に言えばシステムを更新して性能を向上させることです。

それなのでビットコインの場合であれば、ビットコインをより性能の良い仕様にバージョンアップさせるという意味になります。

そしてそういった仮想通貨のアップデートのための方法として

  • ソフトフォーク
  • ハードフォーク

という2種類の方法があります。

それではハードフォークとソフトフォークについて説明していきます。

ハードフォークとは?

互換性のないシステムのアップデートのことをハードフォークと呼びます。

これまでに、ビットコインやイーサリアムで行われました。

ハードフォークが行われると、アップデートした仮想通貨とアップデートしていない仮想通貨の2つが存在することになります。

ちなみにこの2つの仮想通貨間では、お金のやり取りをすることができません。

つまりハードフォークを行うことにより、1つの仮想通貨が2つに分裂することになるのです。

どちらかというとビットコインの取引の承認するマイナーたちがハードフォークを推しています。

ソフトフォークとは?

ソフトフォークとは、互換性のあるシステムのアップデートのことです。

取引に必要な情報自体を少なくして、全てのブロックの書き換えを行うアップデートをします。

そのため、アップデート前の仮想通貨とアップデート後の仮想通貨でも取引が可能になります。

ビットコインの開発者たちは、このソフトフォークを推奨しています。

Segwitとは!?

Segwitとは、ビットコインの取引情報を少なくしたアップデートのことです。

2017年8月24日、ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題の解決のため、以前のシステムバージョンと互換性があるソフトフォークで行われました。

このSegwitによって、ビットコイン取引に必要な情報が小さくなり、より多くの取引が可能になりました。

スケーラビリティ問題とは

スケーラビリティ問題とは、いくつかあるビットコインの問題点のことです。

その中でも直近で解決しなければならないものがあります。

それはビットコインのブロックサイズが一般で使われる決済システムより小さい事により起こる問題があります。

今後マイニングによる通貨の流通が増えることにより取引が増えてしまうと、そもそものブロックのサイズが小さすぎて取引の遅延や停止が心配されるという問題です。

これを解決するための施策としてsegwitが考えられました。

Segwitのメリットとデメリット

今後Segwitによって今まで容量が1MBだったブロックに理論上最大4MBほどの情報が入るようになります。

従ってブロックサイズを変更せずに、4倍のスペースが確保ができるのです。

でもブロックの容量が増えたと聞いてもあまりピンときませんよね?

そこでSegwitが採用された場合にどのようなメリットやデメリットあるか下記の

  • ユーザー目線
  • マイナー目線
  • 開発者目線

の3者の視点で説明していきたいと思います。

ユーザーのメリットとデメリット

【メリット】

  • 送金の遅れが少なくなる
  • 取引手数料が安くなる

【デメリット】

  • 取引所によってSegwitに対応するタイミングが異なる

今までユーザーたちは混雑を回避するためにマイナーに対して払う手数料を高めに設定することで、優先的に取引の承認をしてもらっていました。

しかしSegwitによってより多くの取引が可能になると、送金の遅れが無くなるので高い手数料を払う必要がなくなります。その結果、手数料が安くなるのです。

ただし、すべての取引所がSegwitを導入できるわけではないので、注意が必要です。

Segwitにおけるマイナーのメリットとデメリット

【メリット】

  • 特になし

【デメリット】

  • マイニングにおける報酬が安くなる
  • ブロックあたりのデータ量や通信の急増し、マイニングに高スペックが要求される

上述にもあるようにSegwitによりユーザーが取引の承認に払う手数料が安くなります。

これはマイナー視点から見るとマイニングに払われる報酬が下がるということなのです。

しかも1ブロックに格納されるデータ量が増えるのでマイニングに必要なコンピュータのスペックが上がります。

したがってマイニングの中央集権化が起こるのではないかと心配されています。

そのような理由もあって、Segwitが提案されてから長い間マイナーの95%以上の賛成を得られませんでした。

Segwitにおける開発者のメリットとデメリット

【メリット】

  • システムが課題が解決される(送金の遅延、手数料の高騰を改善)

【デメリット】

  • ビットコインコミュニティの分裂につながる
  • バージョンアップ後はバグが多い。

これまでビットコインの課題となっていた送金の遅延やそれによる手数料の高騰化を改善されます。

しかしバージョンアップの際には多くのバグがつきものであり、大きなリスクが伴います。

なるべくリスクを減らすよう長い期間テスト・検証が行う必要があるのです。

そしてバージョンアップにはコミュニティの分裂も起きやすいです。

今回で言えば、取引の混雑緩和、手数料の減額を求める開発者側と、マイニングのコスト増と取引手数料を下げたくないマイナーの意見が衝突していました。

最悪の場合にコインが分裂しかねないので最初の発案から実施まで長い時間を要しました。

Segwit実装後のビットコインの変化

Segwitが実装されてから2ヶ月ほど経ちました。

当初期待されていたほどの大幅な手数料の減額や送金スピードが高速化はしていません。

しかし、スケーラビリティ問題が解決されたので、ビットコインという仮想通貨システムは一歩前進を遂げたように感じます。

まとめ

今回は、Segwitについて以下の内容で説明してきました。

  • ハードフォークとソフトフォーク
  • Segwitとは?
  • Segwitのメリットとデメリット
  • Segwit実装後のビットコインの変化

ビットコインの抱えていたスケーラビリティ問題をSegwitによって解決しました。

しかし、Segwit実装を上回る取引が行われた場合どうするのかという問題も浮上しています。

また11月16日に実施予定であったSegwit2xと呼ばれるビットコインの1ブロックの取引サイズを1MBから2MBへ拡張するアップデートも延期されるなどまだまだ課題があります。

今後のビットコイン相場に大きな影響を与える要素の一つとなっていますので、ぜひ注目して行きましょう。




安心の仮想通貨取引所は?
おすすめ仮想通貨取引所ランキング

当サイトで実際に選ばれている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です